ヤマちゃんが思ったこと、トレッキング、源流探訪、不可思議現象、反日マスコミがスルーしたニュースなど様々なことについて書き留めます。

ヤマちゃん日記

2017年05月07日

某所での本年初の山芍薬

<5月6日(土)>


本年はまだ山芍薬を見ていない。

開花が一週間程度遅れるとのことで本年の十種ヶ峰山麓神角の山勺祭りは5月5、6日だと聞いた。それとこの所島根県吉賀町柿木白井地区の林道終点〜ドウノオク谷源頭間のルート整備やドウノオク谷源頭(1021ⅿピーク)付近の笹刈に集中したのも山芍薬をまだ見ていない理由であった。

5月6日にようやく山芍薬を見に某1、某所2を訪れることにした。

某所1では三カ所で9輪の開花をみた。既に実をつけていたものもかなりあり盛りは過ぎていた様子であった。
DSCN5392.JPG

DSCN5396.JPG

DSCN5403.JPG

某所2では今まで山芍薬の花は見たことがないが、山芍薬の存在は知っていた場所である。
果たして開花している山芍薬があるであろうか?・・・と心配であったが、開花の山芍薬が一輪あったのでホッとしたのが正直な感想である。ここでも既に実をつけていたものもあり、盛りを過ぎていた感があった。
DSCN5408.JPG

いずれの場所も人が山勺を育て面倒を見るような場所ではないので、天然ものの山芍薬だと確信する。

まあ今回は数は決して多くはなかったが知る人ぞ知る場所の二カ所で本年初の山芍薬の開花を眺められたので めでたし・めでたし だ。

さらに可能性がある別の場所も心当たりがあるが、今年は遅すぎるかもしれないので見送りの可能性大。

さて近日中に十種ヶ峰山麓神角の山勺群落を見に行く予定だが、果たして開花は如何ほどであろうか。イカリソウも見れれば良いのだが・・・・

専門家でも桜の開花予想は難しいそうだ。
天気予報のベテランが予想した東京の桜の開花予想日は見事に外れた!!!
蕾を付けた後の累計気温が鍵を握っているとの説もある。

まして山野草の開花時期予想をや!!!

まあ某所で開花した山芍薬を拝めただけでも有り難いことだ!!!

こんな花もあった。
DSCN5395.JPG

DSCN5406.JPG

DSCN5407.JPG

DSCN5415.JPG

次の山野草のお目当ては、オオヤマレンゲ、笹百合、黄練磨升麻・・・・

しかし当方が今まで関わった登山道整備も気になる所ではある。。。
posted by ヤマおやじ at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック