ヤマちゃんが思ったこと、トレッキング、源流探訪、不可思議現象、反日マスコミがスルーしたニュースなど様々なことについて書き留めます。

ヤマちゃん日記

2017年04月04日

辻元清美義援金横流し疑惑発覚後に保守系ブログが一斉サイバー攻撃さる

<3月30日(木)>


大平山牧場周辺の600m峰周回コースの案内板取り付けと登山道草刈りの整備登山を行った。

大平山牧場の舗装道T字路を起点とするルートの案内板2枚を取り付けた。
一枚目は大平山牧場の舗装道T字路に、
DSCN4976.JPG

二枚目は林道仏峠線入口に取り付けた。
DSCN4980.JPG

今後案内板の設置を考えている580m峰三叉路、太鼓ヶ岳、周南山に赴き、案内板の設置条件を現地で確認した。

580m峰三叉路では今ある案内板で十分だと思った。
ここまでくると欲が出て太鼓ヶ岳に向かい現地を見た所、三角点から少し離れた立木に案内板を取り付けることにした。

さらに周南山(仮称)に向かう道中で、ヘルメットを脱いで休んでいる年配男性に出会った。林業関係者だろうと思って挨拶すると、何処から来たか?と聞かれたので、大平山・大谷山縦走路から来たと答えた。その男性からすればコンなところで人に出会うなど全くの想定外だったそうだ。

話のついでに、大谷山から久兼に下るコースの存在を聞くと、『電波塔のすぐ先に赤テープがあった』との答えが返ってきた。

いろいろ話をして判った事にはこの男性は、足が不自由にもかかわらず藪漕ぎが好きで帽子の破損を防ぐためにヘルメットを被っている…とのことで、当日は久兼バス停まで奥様運転の車で来て野峠まで歩き、そこから大谷山に登り望海山、太鼓ヶ岳を経て神宮林道まで新規林道を下り、大平山正面コースから浮野峠に出て江泊地区に帰る予定とのこと。

山談義は果てしなく続いたが、明るい内に帰らなくてはならないので話を切り上げ周南山に向かった。

あいにくの曇り空でいつもの絶景は見られなかったが、ここでも具体的な案内板の書き方を思いついた。

足の不自由にもかかわらず、笹漕ぎ大好き人間に徹しておられたこの男性に大きな感銘を頂いた。大谷山から久兼に直接下れそうなルートの具体性が得られたのもこの日の大きな収穫であった。

感謝、感謝、感謝。。。。。


<3月31日(金)>

リアルインサイト提供による無料動画『正史 明治維新』第三回を視聴した。
第三回動画のポイントは
@日本の国是『満鮮計略』
A崇神・応神の奉迎と大室寅之祐(明治天皇)の誕生
B波動・幾何系シャーマンのDNA
であった。

特に印象に残ったポイントは、
・地政学の要諦は『緩衝地帯の創造』
・周防国の大半は大陸からの渡来人の子孫。
・毛利氏に支配され不満を持つ大内氏卒族(中間・奴…最下層の派遣社員層=長州卒族)が日本の植民地化を狙う覇道イエスズ会に扇動され暴動を起こさないように長州卒族を集めて奇兵隊を組織し倒幕戦争に参加させ軍功を挙げさせて、長州卒族を明治政府の役人に取り立てるために明治維新が企画され実行に移された。〜〜坂本竜馬を英雄視する司馬遼太郎史観は大嘘〜〜
・中山忠光卿は下関市蓋井島で暗殺されたことになっているが、実際は朝鮮に渡り満鮮計略(満州国を五族協和の緩衝地帯とする)の実現に尽力した。
・大陸勢力の一部(長州卒族=長州陸軍)の侵略的発想=大陸特有の発想=による妨害で満鮮計略は未完状態となった。
・マッカーサーはケルト人=ウバイド人
・日本人のY染色体はD型、O型が多い。D1b型は縄文人でウバイド人と同じ旧人類で日本人の45%。O1b2型は弥生人で日本人の30%.O2型は古墳人で日本人の20%.弥生人と古墳人は大陸からの渡来人。ケルト人はR1b型。
・日本人のD1b型とケルト人のR1b型は、ヴュルム氷河期(1万年前)以前から生きている旧人類。旧人類は現行人類とは思考と発想の点で異なっている!!!
・ ・・・以下省略

大震災でも略奪が起きない日本人は外国人とは異なるがその理由は???
旧人類と新(現行)人類の差か???

<4月1日(土)>


第二回のタラの芽採り。昨年は近郊では殆ど先人にしてやられたので、今回はあまり期待しなかった。しかし今年は先行者に取られた形跡は少なく意外と多く採れた。
DSCN4986.JPG

次回は4月5日あたりか?しかしあまりとれないかも。。。
感謝、感謝、感謝・・・

<4月3日(月)>


降雨確率ゼロということで、大谷山〜久兼直通ルートの探索に出かけた。
3月39日に太鼓ヶ岳近辺で出会った年配男性から聞いた大谷山〜久兼直通ルートの話がきっかけとなった山行だ。

一昨年秋に悪化した手足の皮膚病は一年間の投薬と塗り薬で一時的に治癒していたが、追突によるリハビリで内服薬を止めると再び状態が悪化し始めたので、一週間前に医者を変えてみた所、内服薬はなく状態も少し良くなった。9時から2回目の診察を受けてから久兼へ向かった。

予定ルートは、久兼公会堂〜県道27号〜野峠〜大谷山〜望海山〜大谷山〜直通ルート〜県道27号〜久兼公会堂とした。大谷山〜望海山以外は初めてのコースなのでひさし振りに緊張した。悪路に備え鋸と剪定鋏を携行した。

10時50分 久兼公会堂出発
11時16分 電波塔横通過
11時20分 予定下山口通過
11時46分 野峠着、ムスビ1個食す
11時50分 野峠発
12時54分 野峠コース/直通ルート分岐通過
13時03分 大谷山着
14時22分 望海山着、ムスビ1個食す、休憩後大平山方面コースの雑草刈り取り
15時03分 望海山発
15時31分 石砂谷への下降口通過
15時45分 大谷山着、少憩
15時56分 野峠コース/直通ルート分岐通過
16時22分 旧道出現
16時40分 県道27号と大平山行き舗装道との合流点から150m程度大平山側に入った舗装道に出た

予定では電波塔近辺に出るつもりだったが、下降すべき尾根を通過しさらに西側の尾根を下降したことが判った。西側の尾根を下降する前に下降の方向を確認した際、本来ならば北へ下降すべきだと知っており本来の下降点の戻ろうと思ったのだが、目の前の下降ルートが立派に見えたのでそのまま下ってしまった、嗚呼・・・

せっかく地形図を持参していたのだが、こんな判断では・・・考え方が甘い甘い。。。

『少なくとも西側に下りさえすれば最悪でも2時間程度で久兼に出られる』という考えがあり、いい加減な判断と行動を招いたのかもしれない。
DSCN5024.JPG

DSCN5027.JPG

<森友学園事件の火付け人は辻元清美のお友達>

・森友学園事件の火付け人=豊中市会議員木村真=
・豊中市会議員木村真は豊中市が森友学園小学校用地に隣接するほぼ同一面積土地(野田中央公園用地)を2000万円で入手していた事実は知っていたにもかかわらず、『森友学園は市価の十分の一の極端に安い価格で入手した』と嘘情報を発表し森友学園事件に初めて火をつけた。
・木村真は関西生コン連合を通じて辻元清美とつながっている
・旧社民党時代から現在まで辻元清美は北朝鮮系暴力組織=関西生コン連合=と深い関係がある
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?page=1&qid=11171102176から引用する
〜〜〜〜引用開始〜〜〜〜
平成27年、大阪府に出来た7か所の保育所のオーナーは北朝鮮の資本であるといわれている。大阪府豊中市に安家(あけ)周一の「あけぼの幼稚園」がある。元審議会委員の安家は他の幼稚園を乗っ取り事業を拡大しているという噂がある。この「あけぼの幼稚園」は園児に「いただきます」と言わせない教育方針の幼稚園だ。塚本幼稚園とは真逆である。塚本幼稚園も狙われているのかもしれない。
特に安家氏は民進党の辻元清美とも親しいのは周知だという。「大阪府私立幼稚園連盟」の集まりが自民党系から、今ではすっかり社民党の左翼系になっているのは元理事長だった安家や現理事長の安達譲の影響ともいわれている。私学審議会は非公開なのになぜか民進党の国会議員がやってきた。これは審議会の委員の中にそれを漏らした人間がいたことになる。その私学審議会の委員の中に森友学園を「必ず潰してやる」と言った人間がいる・・・との情報もある。ここに認可を妨害したい左翼の豊中市市議会議員の木村真がつながってくる。木村は森友学園の土地を専門で問題化している人間だ。
〜〜〜〜引用終わり〜〜〜〜

<辻元清美義援金横流し疑惑発覚後に保守系ブログに一斉サイバー攻撃が>

・3月28日中山なりあき(中山成彬)‏認証済みアカウント@nakayamanariakiがツイッターでつぶやきました。
“籠池夫人とのメールで昭恵夫人の寄付はなかったことが分かったが、同じメールで辻元清美議員の疑惑が浮上して民進党は火消しに大童だ。マスコミに報道しないよう頼むに至っては何をかいわんや。辻元議員といえば東北大震災の義捐金3600億円の使途の責任者だった筈だが、報告はなされていたかな?”

別の情報では“義援金3600億円のうち1500億円が行方不明”というものもあります。その1500億円は何処に行ったのか???北朝鮮へ流れミサイル開発や核爆弾開発の原資になったという話もあるが・・・現時点では真偽のほどはわからない。。。

・問題は3月29日夜から保守系ブログが一斉にDOS攻撃というサイバー攻撃を受け閲覧不能状態に陥りました。人気ブログランキング上位の「行橋市議会議員 小坪しんやのブログ」までが、このDOS攻撃のターゲットにされてしまいました。

「Dos攻撃」によってサーバーへの大量トラフィック攻撃が発生し、ダウンに追い込まれています。
 これは、単なる業務妨害ではなく、サイバー戦争です。

 「DoS攻撃」といえば、WindowsのF5(リロード)キーを集団で連打し、ターゲットのWebサイトに過大な負荷をかけて停止させてしまうものもあれば、システム的に大量のトラフィックをターゲットのサーバーに送りつけダウンさせる攻撃もあります。

 
これらの組織的サイバーテロを実施し得る勢力は、数千人〜数万人のハッカー集団を抱えるサイバーテロ部隊を持つ中華人民共和国か北朝鮮です。

辻元清美と北朝鮮との強い関係を考慮すれば、このサイバー攻撃は北朝鮮による可能性が高いと思われます。

辻元清美に関して義援金横流し疑惑がネットで暴露された翌日に日本の保守系人気ブログが一斉にDOS攻撃というサイバー戦争を仕掛けられた所が非常に重要です。

北朝鮮と密接な関係を持ってきた辻元清美が義援金の使途不明金で追及され、その行く先が判れば困る勢力がDOS攻撃というサイバー戦争を仕掛けたのは大いにあり得る話しでしょう。

更にマスコミは、産経新聞以外は辻元清美に一切言及していません。

マスコミと北朝鮮シンパの辻元清美はグルであるのは間違いないでしょう!!!

posted by ヤマおやじ at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック