ヤマちゃんが思ったこと、トレッキング、源流探訪、不可思議現象、反日マスコミがスルーしたニュースなど様々なことについて書き留めます。

ヤマちゃん日記

2013年11月09日

晩秋の恐羅漢山、台所原、砥石郷山、深入山を歩く


11月9日(金)の天気予報は快晴だったので、晩秋の山巡りに出かけた。

4時起床、諸準備後5時過ぎに出発し、一路広島県山県郡安芸大田町の牛小屋登山口に向かい、8時頃到着した。木戸山トンネル出口から阿東町野坂トンネル出口までは深い霧の中の走行となり予想外の時間が掛かった。

8時10分頃肌寒い中を新調のフリースを着用して立山コースから歩き始め、9時15分頃ガスに囲まれた恐羅漢山山頂(標高1346m)に着いた。唯一残った紅葉を除くと山頂付近はすっかり冬のたたずまいであり、視界はほとんどなかったので小憩後次の予定地 台所原へ向った。

DSCF7431(1).JPG < 山頂に残った紅葉 >

山頂付近から標高1100mあたりまでは落葉した木々の合間から今まで見えなかった風景が見えたのは新鮮であった。

高度が下がるにつれて木々に残った黄葉が少しずつ増えてきた。

DSCF7437.JPG  < 台所原に下る道中(1)>

DSCF7438.JPG < 台所原に下る道中(2)>

10時15分頃台所原(標高970m)に到着頃丁度太陽が顔を出した。黄葉の中に残っていた紅葉が太陽の光で一段と映えたのは有難かった。

DSCF7444.JPG < 台所原 >

ここでムスビ2個を食しカロリー補給をし、次なる目標の早手の峠に向った。

日没が早くなった中でもう一山登る予定なので足早に管理道終点を目指した。管理道終点で女性1人年配男性3人と出会い挨拶する。何処から登り何処へ行くのか?と聞かれたので、立山コースから登り深入山に行くと応えた。高枝切断道具を持参した男性に何に使うか?と聞くと、今日は整備登山だと言うので感心し、ご苦労様と感謝の念を伝えた。

今回はダブルストックで登るためか、管理道終点から早手の峠までの急登もあまり苦にならなかった。11時20分頃夏焼峠に着いたが、急にすぐ隣にある砥石郷山に足をのばす気になった。

3つの偽ピークを経て11時55分頃砥石郷山山頂(標高1177m)着。

DSCF7448.JPG < 砥石郷山山頂 >

すかさず下山し12時20分頃夏焼峠に着き13時頃牛小屋駐車場に着いた。

実は朝牛小屋駐車場へ向けて車を走らす途中で、“餅の木駐車場辺りで車を降りて出会滝まで散策する”事を思いついたので、深入山に向う途中で観光バスを含め十数台が駐車した餅の木駐車場に車を停め散策に向った。

DSCF7455.JPG < 餅の木駐車場周辺 >


餅の木駐車場から歩いて三段峡最上流部に入り、20分も歩くと右側に待望の出合滝(高さ14m、幅6m)
が現れた。先日来の降雨のためか昨年見た時よりも豪快な姿であった。

遊歩道から踏み後を辿って河原に降りて見る姿も高所の黄葉を背景にしてなかなか迫力があり、往復40分を費やして来た価値はあった。

DSCF7462.JPG < 出合滝 > 

この遊歩道の入口には何の標識も無いので“知る人ぞ知る”という感じである。昨年三段滝から樽床ダムまで歩いた時この遊歩道入口に気が付かず2時間あまり大回りした後ようやくその入口を知ることが出来た 事を思い出した。

深入山キャンプ村駐車場には14時10分着。お目当ての栃の実饅頭を買い、付近の黄葉/紅葉をしばし鑑賞した。

DSCF7464.JPG  <  深入山(1) >

DSCF7469.JPG  < 深入山(2) >

14時35分頃南登山口を出発し、さすがに疲れが出始めた体を休めながら登り15時15分頃深入山山頂(標高1152m)についた。

360度大パノラマの山頂には新しく山座同定案内板が2箇所に設置されていた。
条件が良いと大山も見えるようだ!!!!

DSCF7474.JPG < 山座同定案内板 >

西側の山座同定案内板では記載された15山の中で9山に登ったことがあり、東側の山座同定案内板では記載された13山の中では8山に登ったことがあったのにはそえなりに満足を覚えた。

下山は林間コースを取り、登山道に散在する石や木の根を事前に避けながら半ば走る感じで下ったので16時頃登山口に着いた。

夕日に輝く黄葉をカメラに収め16時30分頃家路に向かい19時20分ごろ帰着した。

DSCF7479.JPG < 夕日に輝く黄葉 >

累計標高差は996mだった。

朝こそ曇天であったものの昼前から晴天に恵まれたうえに、結構な黄葉/紅葉を見れたのは有難かった・・・・諸々に感謝、感謝、感謝。。。
posted by ヤマおやじ at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック