ヤマちゃんが思ったこと、トレッキング、源流探訪、不可思議現象、反日マスコミがスルーしたニュースなど様々なことについて書き留めます。

ヤマちゃん日記

2009年07月07日

ウルムチなど五都市に戒厳令、軍を大規模に動員し血の弾圧を再開

◆ ニュース

1.ウルムチなど五都市に戒厳令、軍を大規模に動員し血の弾圧を再開 死者は数百名に達した模様。新華社筋は156名死亡と情報操作

宮崎正弘の国際ニュース・早読み」平成21年(2009年) 7月7日(火曜日)通巻第2653号 より転写

「7.5ウルムチ暴動」と後世の史家は名付けるかも知れない。
 暴動に発展したウィグル人の怒りは文革以後最悪の被害をもたらした。

 世界ウィグル人会議(議長=カディール女史)が呼びかけた平和裡の抗議集会は、混入した過激派や公安のスパイなどの策動によって暴動となった。

日頃の漢族に対する鬱積、不満、憎悪が一気に爆発し、多くの一般ウィグル人も加わったためだ。


 新彊ウィグル自治区の省都=ウルムチは人口230万人、漢族が七割をしめ、経済の90%を支配する。

 新彊ウィグル自治区そのものは原油、ガス、レアメタルの宝庫。砂漠は核実験場として無造作な実験を繰り返し砂漠の民、およそ十九万人が被爆して死亡している。

 ガス、原油は漢族によって「盗掘」され、これもウィグル人から見れば、自分たちの財産が不当に収奪され、利益は漢族が独占している構造となる。侵略者としての漢族、宗教弾圧者としての漢族、支配者としての漢族。


 したがって父祖の地を自分たちの手にもどそうとする独立運動が起きるのは当然であり、「東トルキスタン」としての独立を求める主流派と「ウィグルスタン」としての独立を求める派、さらにはアルカィーダに走る若者のグループがある。


中国はこれらを「分離主義」として、あたかも犯罪者のごとく扱ってきた。

 7月5日夕方から発生したウルムチ暴動は、官製情報によっても、死者156名、負傷800名、パトカー二台、タクシー10台、公共バス190台などが焼かれ、106軒の商店や民家が放火、損壊被害にあった、という(日本マスコミ大手は新華社発表の140名死亡という数字を使っているが、BBC、フィナンシャルタイムズ、NYタイムズなどは156名としている)。

 中国政府は外国人特派員のウルムチ入りを禁止せず、いやむしろプレスセンターを設置して情報の一元管理、官製情報だけをあたえ、インターネットは切断されている。
 
 中国は「ウィグル独立過激派による暴力」というイメージを外国プレスに宣伝しているが、ワシントンのカディール女史は暴力を根底から否定、ミュンヘンに本部のある「世界ウィグル人会議」も、暴動の原因を否定し、あくまで平和な行進を呼びかけたに過ぎない、としている。

 暴動は伊寧、ホータン、カシュガル、アクスなどにも飛び火した模様だが、軍四万が動員されたという以外の情報はいまのところない(7日午前五時現在)。

 ウルムチでは王楽泉・党書記が「企業の三日間の休業」を命じ、ただちに戒厳令を敷いた。以後、情報が管理されるため、正確な数字の把握は不可能。血の弾圧が開始される。

「世界ウィグル人会議」は「死亡者は五、六百名に達している」としている。


【関連記事】

ウルムチ暴動:カシュガルなどに混乱拡大の様相

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090707-00000036-scn-cn
7月7日9時22分配信 サーチナ

新疆ウイグル自治区ウルムチ市で起きた大規模な暴動を受けて現地の警察関係者は「カシュガル・イリ・アクスでも更なる暴動を試みている人物がいる」と語り、混乱が拡大の様相を呈していることが分かった。7月7日付で中国国営の新華社通信が伝えた。

このうちカシュガルでは200人以上が中国最大のモスクである「エイティガール寺院」に集まろうとしたが7月6日午後6時頃(現地時間)までに警察によって解散させられた。

カシュガルにある漢族系の商店では大半が閉店しており、路地には人影がまばら。警察が空港から繁華街へ向かう道路に検問を設けているという。

 さらに中国共産党新疆ウイグル自治区委員会の担当者は7月7日早朝、同社の取材に応じて「ウルムチ暴動による死者は156人、負傷者は1080人に達した」と述べた。写真はウルムチ暴動で焼き討ちされた車両の撤去を見物する市民。

DSCF3091.JPG ブナ原生林<寂地山>


≪  ヤマちゃんおやじのニュース雑感  ≫

≪1≫ ウルムチなど五都市に戒厳令、軍を大規模に動員し血の弾圧を再開 死者は数百名に達した模様。新華社筋は156名死亡と情報操作


・ 別の情報では“ウイグル人デモ隊列に中国軍の戦車が突っ込んだ”というものもあった。

天安門事件では同族の漢民族に対して戦車を繰り出しデモ隊を弾圧した中国当局からすれば、異民族ウイグル人のデモ隊に中国軍の戦車を突っ込ますのは訳もないことかもしれない。


共産党政府のお抱え通信社新華社筋は156名死亡と発表したが、「世界ウィグル人会議」は「死亡者は五、六百名に達している」としている。


NHKも昨日から新華社発表と同じ内容のニュースで報道している。

始めはNHKも中国の恥部を報道するようになり変ったな〜と半ば感心していたが・・・

何のことはない!!!

共産党政府のお抱え通信社新華社が伝えているのでNHKも右へ倣えとして安心して報道したに過ぎない!!!!


中国の公式発表を真に受けて報道するのは日本のマスコミの得意技である。

中国の発表する経済数値にも水増しが行われているといわれる。


財源不足を訴え消費税を引き上げる算段の傍らで、IMFから公式要請がないにもかかわらず(裏ではあったかもしれないが)ポント10兆円をIMFに拠出した麻生という首相もいる。


☆ 日本もこのまま平和ボケのままでいると、○年〜十○年後には中国の属国にされウイグル人のようにデモをして圧政に抗議する立場に陥るかもしれない。

後悔先立たず、腹水盆に返らず の喩えがある。


“いったん中国の支配下に入れば漢族の圧政を受け搾取されるが支配下に組み入れられた民族には自由は決して戻って来ない”ということを、中国支配下のチベット及びウイグルが如実に証明している!!!

同様に“太平洋を渡って米国に行った金は日本には決して戻ってこない”ということわざもある。

入ってくる情報を正しいと認識する習慣があるお人よし日本人は、世界には腹黒い国/集団が山ほどあると言う現実を冷静に認識する必要がある。


国内のマスコミも政治家も腹黒い集団だといったん疑うのが有権者にとって正解と思う。


与党野党政治家、マスコミの連中が宣伝する“消費税率アップは老齢化社会の福祉財源確保のため”という謳い文句が大嘘であると言う証拠の一端を昨日のヤマちゃん日記に記した。


問題のすり替えは、詐欺師の常套手段である。


政府与党も民主党も、消費税率アップの時期を競い合うが、消費税率の低下、生活必需品に対する消費税の適用除外、消費税撤廃などの本質的事項に対するの論議は一切ない。
posted by ヤマおやじ at 18:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123015857
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

中国・新疆暴動!
Excerpt: 親愛なる読者の皆様、今回は「中国」に関するお話です。 ネタは、中国・新疆暴動、死者156人に 1434人を拘束  中国新疆ウイグル自治区の...
Weblog: 明るいネット生活を始めましょー
Tracked: 2009-07-08 00:08