ヤマちゃんが思ったこと、トレッキング、源流探訪、不可思議現象、反日マスコミがスルーしたニュースなど様々なことについて書き留めます。

ヤマちゃん日記

2020年05月20日

野道山・三ツヶ峰縦走路の笹新芽刈を終えた

<5月17日(日)>

本年の野道山・三ツヶ峰縦走路の笹の新芽刈りは5月13日時点で933ⅿ峰の手前のピークまで済んだ。


残るは三ツヶ峰までだが距離的にはかなりあるので、
この日に済ますつもりで前日に早朝出発を決めた。

武漢ウイルス感染対策上、
通常昼食を買うコンビニに入らないために、
4時半頃起きて朝食を作り、
昼飯のムスビ2個を作り、
しっかり朝食を摂り、
土居コーヒーを飲んで6時半過ぎに出発した。

山口宇部自動車道は前半スイスイ、
後半はレッカー車先導により鈍行。

8時頃徳地柚木地区川上の野道山登山口から歩き始め、
東尾根コースを登り、
9時40分頃縦走路に入った。

この日は出来る限りザックを軽くするために
鋸と笹刈専用小型剪定鋏だけを携行した。


例によってご丁寧に
前回刈り残した笹を刈りながら進んだので
前回作業終了地点到着は11時半頃。

昼食は見晴らしの良い松の木の陰で

DSCN4600.JPG

立ったまま食した。

体調1.5cm位の大型蟻に二回も食いつかれ
痛い思いもした。


ニュキニョキと生え出た笹の新芽の数は
半端ではなく、昨年では感じなかった嫌気が湧いてきた。

“全て笹の新芽を刈る必要はない”
と思い思い直し、
将来厄介になりそうな部分だけ刈ることにした。


今迄の笹刈では笹の外形に注目したが、
昨年あたりから
“笹の根元を断ち切る”
よう方針を変えた。

過去7年間毎年30〜50日程度
登山道の笹刈をやって来た。

笹の茎の上部で笹の葉を切断しても
短期間で新に笹の新芽を出してくる。

しかし笹の根元を切断しておけば
あわよくば笹は枯れる可能性が出てくる
事を発見した。

ともすれば目に入る笹の葉を切断したくなるが
極力笹の根元に近い所で茎を切断するようにした。


作業の殆どが日陰であったが
この日は蒸し暑い天気予報なので
要所でエネルギージェルを吸い
体力の消耗を抑えた。

15時頃三ツヶ峰に到着。

山頂の山名札が新調されていた。

本谷コースを降る手もあったが
狭い笹道が長く続くのを嫌い

DSCN4603.JPG:独標付近

35分で仏峠へ下りた。


県道123号を足早に下っていると
ふと谷川沿いに生えたホウノキに白いものが見えた。

昨年ここのホウノキの花は見えなかったが

DSCN4605.JPG

今年は幸運にも開花が見えた。

車に乗る前に着替えをした時
スパッツに憑りついた1匹のダニを発見。

笹薮に数回片足を入れた時
ダニに憑りつかれたのであろう。

これからの季節では要注意だ!!!


これで今年の
野道・三ツヶ峰縦走路の笹新芽刈りは
無事終わった。

終了記念にエビスビールで祝杯を挙げる
気でいたが、コンビニにいくこととなるので
いつもの第三のビールで済ますことにした。



<5月18日(月)>


昨日の笹刈の疲れをとるため午前中はゴロゴロ。


その後 藤井厳喜氏が新たに始めた
「TAIWAN VOICE 第一回」を視聴した。

内容は;POSTコロナウイルス時代の大変化
 コロナウイルス以降
 世界の経済、政治、安全保障は
 どのように大変化するか?

 大方の人の関心事は
 “何時?コロナ以前の生活へ戻る”
 だそうだが、戻ることはない!!!
 “コロナ以降世界は大きく変わる”
 ・・・ということらしい。


その後
無料メルマガ“元気の学校”
を読んだ。

メインテーマはコロナ(武漢)ウイルスであった。

〜〜〜〜その要点は〜〜〜〜
@日本での死亡率は、欧米諸国の数十分の一〜百分の一であり、極めて低い。
A夕張市では医療用ベッドが171床から19床へ大幅減少したが
 その前後5年間で比較すると、
 老衰による死因が増えたが 死亡率は変わらなかった。
 → 今の医療は過剰医療だ
Bオーバーシュート論は大げさ。
 ガウン、医療用マスクなどを装着してコロナ対策をやっている病院のコロナ病棟は
 全国の病棟の1.5%でしかない。医療崩壊とは大げさ!!!
C日本では交通事故で年に3000人死亡する。
 交通事故防止の目的で日本で車を禁止しているか???

 武漢ウイルスによる死亡者は800人程度。

 武漢ウイルスは日本では大したことではない。

 テレビ報道に影響されない事が大切。

∼〜〜〜要点終わり〜〜〜

ヤマちゃん親父もコロナウイルスでは
“マスコミは騒ぎ過ぎ”だと感じていた。

なにせ、
正月明けからは死者が出ないのに
毎日コロナウイルスの氾濫だっだ。

この異常なマスコミ報道の裏には何かが隠されているに違いない!!!
 
更に、

今営業自粛禁止されている、
高級バー、クラブ、パチンコ店、観光旅行、各種イベント、スポーツ興行・・・など
は今後の社会に不要なものではないのか!!!



<5月19日(火)>


天然水を採った帰りに
14時までに帰れば良いので
とある林道を歩いた。

換言すれば
とある林道を歩くために
その近くの天然水を戴きに行った
・ ・・ということだ。

今年の4月後半〜5月上旬では
高羽ヶ岳東尾根コースに気を取られ
武漢ウイルスによる外出自粛もあり
シャクナゲを忘れていた。


シャクナゲに気が付いたのは5月18日。

今シーズンのシャクナゲは既に終わっていた。

しかしこの日ダメもとでとある林道を歩き姿を求めたが
林道からは伸びた新緑の影響もあってか
目指すものは見えなかった。

その代りに従来そこでは見たことも無い
物に出会った。

DSCN4611.JPG

DSCN4614.JPG

DSCN4619.JPG


これも何かの功徳でろうか???

posted by ヤマおやじ at 11:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする