ヤマちゃんが思ったこと、トレッキング、源流探訪、不可思議現象、反日マスコミがスルーしたニュースなど様々なことについて書き留めます。

ヤマちゃん日記

2020年05月15日

日本のコロナ感染者の 6割近くが 外国人!!!

<5月15日(金)>


午前中は

トム・ジョーンズ、
エルビス・プレスリー
のライブを視聴した。

いずれも飽きることが無く、プロ中のプロ、
世界トップクラスの実力、素晴しさ
を余すところなく堪能した。

日本を悪く言う気はないが・・・
やはり日米で実力の差は大きい。


その後メールをチェックしていたら


とんでもない情報が眼に入ったので

以下に御披露しておく。

日本国民として許せない!!!!


近い内に首相官邸又は厚生労働大臣に抗議メールを出すことにした。

「宮崎正弘の国際情勢解題」 
令和2年(2020)5月15日(金曜日) 通巻第6500号
から転載します。




〜〜〜〜転載開始〜〜〜〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 日本の感染者、16004人、死者713名(5月14日現在)だが
     60%近くが外国人。「国籍別の発表はない」
****************************************

日本で最初の感染の広がりはクルーズ船と北海道だった。
札幌雪祭りに押しかけた外国人(どこの国からは想像にお任せ)に溢れた。
感染者の58%が外国人だった。

厚労省統計では年代別の発表があるが、
国籍の区別は不明である。
ようやく情報が漏れてきた。

日本に於ける感染者の60%近くが外国人らしい。
日本の国民の積み立てや国家予算、地方自治体の負担などで成り立つ病院に、
一銭も支払わない外国人が治療を受けているとは、何かが転倒している。

∼〜〜〜転載終わり〜〜〜〜



この件では前々から不審に思っていた。
前々からこの種の情報はかなり入っていた。

この外国人とは殆どがチャイナ(中国人)であろう。

別の情報によれば、
政府が言う”感染経路不明”というのは
外国人からの感染という意味
だそうです。

政府は何故国名隠すのか???

国籍が知れたら国民が怒るからだろう!!!


自民党国会議員の8割が媚中派であり、
霞が関(中央官庁)、野党など全てがチャイナの支配下にある証拠だ。


“”“チャイナは自民党、官庁、野党、財界、マスコミ、財界・経済界を支配しても
国民は騙されないぞ!!!“”“


という事をしっかり行動で示すことが肝要です。

狡猾なチャイナ共産党は各界のリーダー層を取り込み支配しますが、
いくら狡猾なチャイナ共産党でも日本国民一人一人を買収できません。


日本がチャイナの属国にならないためには、

先ず親中派の巨頭である二階を自民党幹事長という要職から引き摺り落とすべく
安倍晋三首相へ働きかけるのが先決だと思います。

自民党議員は”二階がおかしい”と思っていても
幹事長が選挙での公認。選挙資金分配を握っているので
二階には逆らえない…という現実がある。


二階を自民党幹事長に任命したのは安倍晋三自民党総裁。
安倍晋三自民党総裁には任命責任がある。

国賊と暴露された二階を
安倍晋三総裁が即刻二階を切れば
任命責任は辛うじて免れる。

しかし、

安倍晋三総裁が即刻二階を切らなかったら
安倍晋三総裁こそが媚中派の親玉であり、
安倍晋三こそが日本をチャイナの属国にする張本人だ
ということになる。

多分安倍晋三総裁は自らを守るために
二階幹事長を罷免する可能性が高い。
二階は既に反安倍を鮮明にしているからだ。


何故二階にこだわるのか???

仮に安倍を首相・総裁の座から下ろしても
自民党総裁候補はいずれの人物も
安倍晋三よりも格段に親中・媚中な人物ばかりだ・・・

従って
安倍晋三自民党総裁が二階幹事長を罷免して
それを契機に自民党媚中派議員を一掃するのが
得策と思われるからである。 

皆様


日本のコロナ感染者情報に
”国籍別情報が無い”
という事実を
出来るだけ多くに人に
拡散してください!!!


そして

首相官邸

厚生労働大臣へ

国別外国人感染者数の発表を要求しましょう。


これら外国人の治療が
日本国の公費で行われるのだから
厚生労働省はこれら外国人の国籍を
公表すべきなのは当然です。


posted by ヤマおやじ at 22:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年も 野道山で新緑を楽しむ

<5月13日(水)>


昨年の5月11日のブログに野道山のツツジを記載していたので、久しぶりの野道山東尾根コース巡視を思い立った。

7時過ぎに出発した所山口市内でかなりの渋滞に会い登山口には9時頃到着。

腰痛が少し残っていたのでザックを極力軽くするため、
鋸と軽量剪定鋏のみ携行し、登りはダブルストックで登った。

丁度笹の新芽が顔を出していたので
つい手で笹の芽をむしり取りながらのぼった。

DSCN4562.JPG:東尾根コース休憩所付近の新緑

DSCN4569.JPG

DSCN4563.JPG;鈴成りのイワカガミ


11時頃野道山着。

ツツジは若干遅かったが未だ赤い花は健在であった。

DSCN4576.JPG

標高900m付近のトラバース道では
新たに檜が所々伐採されていたので
景色が良くなっていた。

チェーンソーで伐採していたので
プロの山林作業者に仕事と思われた。


当方に頼めば無料で檜を伐採してあげるのだが・・・・
但し景色が良くなる場所だけ限定ではあるが・・・

山頂の三角点には真新しい山名プレートが置かれていた。
誰か置いたのであろうか?

風景を見ながら今朝自分で作ったムスビを食し、
しばし景色を満喫した。

DSCN4581.JPG

DSCN4589.JPG

DSCN4586.JPG


折角来たので縦走路

DSCN4597.JPG

DSCN4598.JPG

を歩き軽量剪定鋏を使って新芽を刈ることにした。


結局930ⅿ峰手前のピークで15時近くなったので引き返した。


結果的に誰にも会わず、店にも入らなかった。
トイレを利用したが手を良く洗っておいた。

帰宅後風呂上りにビールを飲もうと冷蔵庫を開けてみたらビールが無く
ノンアルコールビールしかなかったのでやむを得ず代用した。

明日は公園ボランティア活動へ行くので早めに就寝した。




<5月14日(木)>



9時から11時半頃まで公園ボランティア活動へ参加。

公園への出入りが可能になったのでボランティアも再開となった。

フルメンバー5人が揃いさわやかな気候の下で雑木の伐採に精を出した。

当方は未だ腰に違和感があったのであまり本気にしないよう気を付けていたが、
つい本気モードになり大小30本余りの雑木を切り枝を刎ね
ストックパイルに積み上げた。


調子に乗り易い性質は変わらない様だ。。。

午後からは午睡をとった。

posted by ヤマおやじ at 20:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする