ヤマちゃんが思ったこと、トレッキング、源流探訪、不可思議現象、反日マスコミがスルーしたニュースなど様々なことについて書き留めます。

ヤマちゃん日記

2020年02月13日

カネ目当てと習近平への忖度で新型肺炎を蔓延させた安倍政権の愚

<カネ目当てと習近平への忖度で新型肺炎を蔓延させた安倍政権の愚>

2020年2月12日のヤマちゃん日記で
『異様な日本の新コロナウイルス対策は国民の健康を無視』
http://yamatyan369.seesaa.net/article/473541856.html
を記載し、”安倍内閣の新コロナウイルス対策の誤り”を指摘した。

同じ趣旨のメルマガがあったので以下に紹介する。


今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、NZ在住読者から届いたメールを紹介しながら、日本とNZでの新型肺炎に対する政府の対応の差やその原因を考察しています。
2020年2月13日MAG2 NEWS
https://www.mag2.com/p/news/439683

要約すると、

◆ なぜ私(北野幸伯氏)は、このメールを紹介しようと思ったのでしょうか?いくつかとても大切なことが書いてあるからです。

NZで感染者が出ていない。それは、NZが「すぐに中国全土からの外国人の渡航を禁止した」からでしょう。なぜ、NZ政府にはそんなことができたのでしょうか?

政府はそういう真面目な納税者を守ることが一番に大切なのではないでしょうか?

そのとおりですね。NZ政府は、「国民の命を守ることが最優先課題」であることを理解している。

一方日本政府は、「中国人の渡航を禁止すれば、金が儲からなくなって困るよな」「中国人の渡航を禁止すれば中国政府が怒るだろう。そしたら習近平は、訪日してくれなくなるのではないか」とか、「最重要でないものを上位におくこと」で国内の感染者を増やしているのです。

今はクルーズ船の寄港で爆発的に感染者数を増やしてしまっている日本ですが(乗客の方たちにはお気の毒な話です)、これが、特別なクルーズ船だけではなく、ふつうの空港を使う事によっても起こりうることということと認識すべきだと思います。

まさに。クルーズを閉鎖しても、飛行機からバンバン感染者が入ってきたら、まったく意味ないですね。 

そして、そこからの2次感染、3次感染…。そんなことが起きてしまったら、オリンピックも開催なんてできません。

まさに。政府は、目先の金儲け、中国への忖度などを重視することで、オリンピック、パラリンピック開催すら危うくしていることに気づくべきです。


だいぶ遅くなってしまいましたが、今日にでも「中国からの渡航禁止」「中国への渡航禁止」を決断していただきたいと思います。



そして、中国から日本に戻りたい方は、「2週間隔離されること」を条件に、政府がチャーター機で、帰国させればいいでしょう。昨日までのことはどうしようもありませんが、今日何をするかが大事です。

〜〜〜〜抜粋終〜〜〜〜


日本の野党も、マスコミも

“安倍内閣は国民の健康・安全よりも、金儲けと中国への忖度を大切にしている!!!”

という事実を一切取り上げず、隠蔽・無視しています!!!


如何に今の日本の政治・マスコミが狂っているかがお分かりいただけたでしょう

posted by ヤマおやじ at 16:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする