ヤマちゃんが思ったこと、トレッキング、源流探訪、不可思議現象、反日マスコミがスルーしたニュースなど様々なことについて書き留めます。

ヤマちゃん日記

2020年02月03日

周防大島 殊堂~文殊山~嘉納山〜嵩山を往復

<2月2日(日)>


山友Y氏、OT氏と共に周防大島で

文殊堂~文殊山~嘉納山〜嵩山を往復した。

合流場所から文殊堂まではY氏の車に同乗させてもらったので、狭い一本道の運転が苦手な当方にとって大助かりした。

文殊山までは標準時間の半分程度で登ったとのことで本当にびっくりした。

最近モンベル山口店で購入したダブルストックのお陰であろうか???

昨年は、滝を三カ所巡った後で文殊堂~嘉納山往復したが、時間の関係で嵩山へは行かなかったので、嵩山に関してはリベンジ山行だ。


文殊山~嘉納山ではこの時期には貴重な赤(マユミ)に出会えた。

DSCN4055.JPG

DSCN4056.JPG


嘉納山から嵩山へ向かう道に入りしばらく進むと、

DSCN4061.JPG;UFOに遭遇???

連続する急坂に接し帰路は大変だろうと直感した。

嵩山山頂には立派な三階建展望台があり、さすが瀬戸内国立公園内であることを誇示していた。

展望台一階には大きなテーブルと椅子があり、落ち着いた気分で昼食を摂った。



DSCN4059.JPG

DSCN4058.JPG

DSCN4057.JPG


嵩山山頂に通じる舗装道を通じて観光客が多数景色を楽しんでいた。

天候は快晴なるもカスミが掛かり本来の素晴しい景色はイマイチであった。
BMW1200という大型バイクの姿もあった。

嵩山山頂から仰ぎ見る嘉納山は遥か彼方に鎮座しており、〜あれまで登るのか〜

と複雑な心境になった。


さて帰りは連続する急坂(標高差240ⅿ)を如何に乗り切るか…かなり心配して復路に入った。

しかし案ずることなく汗も殆どかかず、休憩も一回取っただけで意外とあっけなく嘉納山に着いたので拍子抜けした!!!

ワイワイガヤガヤ喋りながら、小俣で急がず登ったお蔭かもしれない。

Y氏もOT氏も昔経験した過酷なトレーニング登山に比し“意外に楽に登れた”とびっくりしておられた様子。


嘉納山~文殊山ではコースが明るくなり、道幅も広くなっていたように感じ、快適な縦走路に変身していた。

何方様かが整備されたのであろう…感謝、感謝・・・


DSCN4062.JPG;文珠山から遥かに嵩山を遠望


最も厄介に感じたのは、文殊山~文殊堂の岩混じりの下りだった。

DSCN4064.JPG:何の頭か???

歩行距離は12KM程度で、帰宅後調べた累計登り標高差は≒1000ⅿであった。

久々の累計登り標高差は≒1000ⅿであったがあまり苦しんだ思いは無かった。い

ワイワイガヤガヤ登山スタイル、最近取り組んでいる“あまり汗をかかず・心拍数をあまり上げない登山スタイル”が多少も効奏しているのかもしれない!!!

なかなか良い山行であった。

感謝、感謝、感謝!!!

posted by ヤマおやじ at 22:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする