ヤマちゃんが思ったこと、トレッキング、源流探訪、不可思議現象、反日マスコミがスルーしたニュースなど様々なことについて書き留めます。

ヤマちゃん日記

2017年06月26日

2017年6月24日 弟見山の笹百合はほぼ満開 

<6月23日(金)>


久しぶりにブログ『御山野風景』を閲覧した。

ブログ『御山野風景』の管理人さんは本年5月に野道山・三ツヶ峰縦走路の笹刈を始められ三回のトライでようやく400ⅿそこそこの笹刈を終えられたということでかなり難渋されている様子だった。ブログ『御山野風景』の管理人さんには、昨年と一昨年には直接お会いしてイロイロ山談義に花を咲かせたこともある。また昨年廃道化が進んでいた飯ヶ岳河内峠コースを復活させるべく整備した時、ブログ『御山野風景』の管理人さんが笹刈に加勢されたので助かったという経緯もあった。

『御山野風景』の管理人さんは、桐ヶ峠〜三ツヶ峰の笹刈、桐ヶ峠〜古江堂林道終点までの笹刈、物見ヶ岳山頂〜尾根コースなどの笹刈もされて来られ、さらには弟見山、東鳳翻山、男山などで笹百合の種を撒き育ててこられたこの道では知る人ぞ知る偉大な存在だと思う。

せめて微力ながら恩返ししたい気持ちは強まったものの、およそ標高900ⅿを3qもアップダウンする木の株が残った荒廃コースで背丈を超す笹薮を延々と刈り払う自信は沸かず、とりあえずこの未体験コースの概要を理解すべく二万五千分の一地形図で尾根・支尾根には薄茶色で、谷筋には空色で着色した拡大図を4枚に印書した。

何しろ野道山から三ツヶ峰へ向かう分岐点に至るのが一苦労である。細くて危険なトラバース道はただでさえ何回も通過したくはない。草刈り機は持っているが、野道山側からは持ち込めそうもない。仮に持ち込んでも多くの切株があればかえって反動で危険な目に合う。

イロイロ思案したが笹刈決行までには至らなかった。


<6月24日(土)>


笹百合の開花シーズンということで整備道具は一切持たず弟見山に出向いた。
梅雨前線が北上を始め午後からは激しい降雨があるとの予報をうけて、6時過ぎに出発した。
7時30分頃林道屋敷線入口に駐車し、歩き始め7時40分過ぎに荒れ気味のシャクナゲ谷コースに入ると早速お目当ての山アジサイが出迎えてくれた。
DSCN5863.JPG

DSCN5872.JPG

DSCN5866.JPG

DSCN5867.JPG

花を咲かし始めていた山アジサイはその後続々と目を楽しませてくれた。
DSCN5870.JPG

DSCN5873.JPG

DSCN5897.JPG

この谷は6年前までは木苺でビッシリ覆われており、通行すれば木苺の棘で衣服の破損は免れず、藪漕ぎ通行する人は余程の物好きであった。

2011年頃山菜を求めてこの谷に入り込んだ。2012年頃この谷から700ⅿ鞍部に達しシャクナゲ尾根伝いに登れば莇ヶ岳・弟見山縦走路に出会うことが判ったので2013年5月に、谷コースの木苺を切り倒し、シャクナゲ尾根に繁茂した笹を(途中で3回も断念しかかったが20日掛けて)刈り払い、同年5月末にシャクナゲ尾根コースの開設にこぎつけたという経緯がある。

以降毎年4回〜6回は草刈りを行ってきたので、さすがに生命力抜群の木苺も勢力を失い、3年前から山アジサイが目立つようになってきた。

故有って今年は山アジサイの下草刈りは行わなかった関係で、雑草に負けそうな場所もあり、やはり下草刈りは必要ではないかと思いながら8時過ぎに700ⅿ鞍部に達し小休止した。

8時55分頃第三ベンチ到着し小休止。
DSCN5879.JPG

9時8分頃莇ヶ岳・弟見山縦走路に入り2本の笹百合に見送られて10時10分頃4人が休む弟見山展望台に着いた。

弟見山展望台付近では20輪程度の開花があった。弟見山山頂付近にも20輪程度の開花があり、蕾も20程度あった。

DSCN5882.JPG

DSCN5886.JPG

DSCN5887.JPG

DSCN5888.JPG

DSCN5892.JPG

喜ばしい事には、弟見山山頂付近の登山道脇には小さな笹百合が茎立していた所であった。ブログ『御山野風景』の管理人様が度重なる盗掘にもめげず笹百合の種を撒き育ててこられた賜物と思われる。

ブログ『御山野風景』の管理人様のブログによれば、最盛期には200本近くあった笹百合は心無い盗掘により昨年、一昨年には四分の一近くまで大幅に減った。

憎きは盗掘者は厳しく成敗されるべきと痛感する昨今である。

山頂から仏峠方面に100ⅿ程度下ってみたが開花はなかった。
再び縦走路を引き返す時3人の男女にであったが、本日この山系で出会ったのは8人だけで例年より少なく感じた。

シャクナゲ尾根分岐から莇ヶ岳へ向かったが半分の行程で小雨がぱらついてきたので引き返し13時前に駐車場へ戻った。帰路は一時土砂降りに遭ったが無事に帰った。

諸々に感謝、感謝、感謝。。。。


<6月25日(日)>


前日通ったシャクナゲ尾根谷コースの山アジサイが雑草に囲まれて頑張って咲いていた様子が頭から離れず、午前中小雨・午後曇りという予報を聞いて9時頃下草刈りに出向いた。

途中小雨がパラついてきたので、柚野物産加工販売所で柏餅を買いレインウエアを着用して谷コースへ向かった。駐車した林道屋敷線入口では小雨は降り続いていたので、昼食もザックも持参せず3時間程度作業するつもりで鎌と剪定鋏とスポーツドリンクのみ持参して10時半頃から山アジサイの花がある場所に限って周囲の下草を刈ることにした。

幸いにも気温は余り高くはないかった草刈り作業をすれば汗ばんでくる。
谷コース入口から500ⅿ辺りまで山アジサイの自生個所が5,6カ所あり13時3半ごろまで概ね前半部を終わった所で空腹を感じ作業を切り上げることにした。

残り半分は近くやる予定。
posted by ヤマおやじ at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする