ヤマちゃんが思ったこと、トレッキング、源流探訪、不可思議現象、反日マスコミがスルーしたニュースなど様々なことについて書き留めます。

ヤマちゃん日記

2013年05月29日

NHK解体・消滅案

【近況】莇ヶ岳旧登山道2コース(谷コース・尾根コース)整備完了
・5月20日(月)莇ヶ岳旧登山道整備〜笹刈り〜

9時から16時まで昼食を摂った20分を除き休み無く笹刈に没頭した。防虫網を頭から被り作業をしたので虫に気を使うことなく作業ができた。

・5月23日(木)莇ヶ岳旧登山道整備〜笹刈り〜 

9時から仕上げの笹刈り作業を開始するも13時30分頃笹を切断する剪定鋏の柄が折れたので作業を中止せざるを得ず、本来の登山コースであった尾根コースを下って帰った。

柄が折れた剪定鋏は中国製を承知で購入した。4,5日使用できればOKという気持ちで買ったので、予想通りの寿命ではあった。しかし柄がポッキリ折れるとは全く想定外だった。折れた柄は、厚さ1ミリ以下のアルミ製中空パイプであり、補強用のプラスティックが埋め込まれていた。やはり中国製の製品は全く外形ばかりを整えている粗悪製品であった。

このような簡単な日用品さえもロクに生産できない支邦が、高度な工業製品を独力で製造できるはずが無い。支邦が誇る先端技術は全て先進外国技術の猿真似でしかない。支邦の戦闘機は長時間飛行できないことは支邦人自身が良く知っているとのこと。。。
           
・5月25日(土)莇ヶ岳旧登山道整備〜笹刈り〜

初めて尾根コースから登った。やはり最初の急登り=標高差60~70m余り=は楽ではないが、それ以降の傾斜は大きくない。笹も比較的少ないので、道を塞ぐ立ち木を切断しながら整備していった。15時頃鞍部に到達し、尾根コースでの整備作業も終えることができた。

4月中旬から約15日間掛けて行ってきた旧登山道整備は、自分で言うのも若干おこがましいが、まあまあのレベルに達したと思われたので、谷コースと尾根コースの案内標識を設置した。

下山時は欲を出して、新たな最短コース候補を下見したが、急勾配過ぎてお勧めできないことが判明した。

我ながら、総延長2km程度の荒れた旧登山道を曲がりなりにも独力で整備できたのは初めてのことであり感慨深いものがある。

せっかく整備したルートもこのまま誰も通過しないで経過すれば、恐らく2,3ヶ月〜半年で元の藪道に戻る可能性が高い。願わくば出来るだけ多くの人がこの道を踏んでくれれば、荒廃は免れることができる・・・そのために案内標識を付けた。

自画自賛めくが、自分がこの道を通過して見ても元の藪に比べれば天地の差が感じられる。
このコースの特徴は、登山道のクッションが良く、足への負担が小さいことだ。他の特徴は、コースの殆どが木々に覆われた尾根道なので夏期でもあまり大汗をかかずに登れそうな点だ。

欲を言えば、急坂でのロープ設置などまだやるべき事はあるが、今回の延べ15日にわたる一連の笹刈り作業では剪定鋏を長時間握り続けたので今でも両手の親指、人指し指、中指が軽く痺れたままの状態が続いているので、しばらく休憩したい。


・5月26日(日)木工工房展示即売会

美祢市東厚保山中にある木工工房 『和楽工房 百夢』で開催された展示即売会をカミさんの希望で訪ねた。先ず驚いたのは訪問客の多さであった。年配の男女連れの見物客が会場となった個人住宅の内部に40〜50人位はいた。

会場はかなりの田舎であるにもかかわらず、これだけの人が集まるのはやはり宣伝を打った効果と暇な年寄りが如何に多いかということではないかとおもった。


・5月27日(月)庭木剪定

長い間 旧登山道の笹刈りに力を入れていたので、狭いながらも我が家の庭の木々は枝葉を広げていた。やはり伸び放題の枝葉は少し刈り込んだ方が見栄えが良いので半日かけて庭木の剪定を行った。梅雨が来る前にどうにか終えたので一安心だ。



【 NHKの懲りない売国奴放送 】

平成25年4月12日衆議院予算委員会で自民党の鬼木議員からNHKの偏向報道振りが指摘されたにもかわらず、公共放送を自認するNHKは事あるごとに反日売国奴報道に邁進しているのは許しがたい。

もはや自浄能力を失ったNHKは事実上解体に追い込む他に問題解決策は無い。
最近のNHKの意図的報道拒否の実例を挙げてみる。

平成25年5月22日朝、大阪市生野区で韓国籍男による日本人無差別殺傷通り魔事件が発生し日本人の男女2人がナイフで襲撃され大怪我を負わされた。逮捕された韓国籍男は2人を刺したことを認めて、「生粋の日本人なら何人も殺そうと思いました」などと供述した。

05/22 17:39 関西テレビによると、

“22日朝、大阪市生野区で60代の男性と女性が相次いで刺され大けがをした事件で、逮捕された男は、「日本人を殺す」などと供述していることがわかった。
無差別通り魔事件の現場で、容疑者の韓国籍の男(31)に話しかけられたという男性は、「『日本人か?』と2回聞かれて、刺されそうになったから逃げて」と証言した。
男は、さらなるターゲットを物色していたのか。
22日午前5時15分ごろ、大阪市生野区のマンションで、新聞配達員・川口修一さん(61)が、見知らぬ男に、いきなり包丁で刺された。
マンションで男に刺された川口さんは、マンションの外に逃げたということだが、路上にはまだ血痕が残っていた。
そして、逃げる際には、自ら110番通報をして助けを求めたという。
その後、男はおよそ120メートル離れた路上で、ビル清掃業・越智 美智子さん(63)を刃物で刺したところを、通報を受けた警察官に発見され、殺人未遂の現行犯で逮捕された。
目撃者は「片手に刃物持ってたから、『えっ』と思った矢先、女性に声をかけて、後ろから羽交い締めにして刺した」、「みんなが馬乗りになって、(男は)手を地面につけられて、すぐにパトカーに乗せられた」などと話した。
第1の犯行から、現行犯逮捕されるまでの10分間、容疑者の男は、刃物を持ったまま、現場周辺をうろついている姿が目撃されていた。
目撃者によると、男は川口さんを刺したあと、周囲の人たちに「お前、日本人か?」と尋ね、「そうだ」と答えると、いきなり包丁を取り出して相手に突きつけたという。
容疑者に声をかけられた男性は、「『日本人か?』と聞かれて、『そうやで』と答えて。相手の顔色がおかしかった。殺気と恐怖を感じたから逃げた。怖かったから」と話した。
2人を刺したことを認めているという男は、「生粋の日本人なら何人も殺そうと思いました」などと話しており、警察は、責任能力などについて慎重に調べを進めている。”

・・・・と報道された。


☆☆☆ この日本人無差別通り魔事件の日本マスコミでの報道状況 ☆☆☆
5月22日averin☆note http://averin-note.info/archives/2126
から引用抜粋すると、

・22日の夕方の民放の各ニュースでは一応、犯人は韓国籍ということで報道。
 しかしNHKは報道せず(ただし関西ローカルでは報道した模様)。

・19時以降の報道状況は以下の通り。
韓国籍の男による大阪市生野区無差別通り魔事件
NHK →報道せず
日本テレビ NEWS ZERO  →報道せず
テレビ朝日 報道ステーション →名前、国籍、動機報道せず
TBS     NEWS23    →報道せず
フジテレビ ニュースJAPAN →報道せず

無差別通り魔事件という通常トップニュースで報道されるべきものが19時以降主要メディア全てで報道がされなくなった

唯一報道したテレビ朝日では名前、国籍、動機を報道しないというあまりに不自然なものであった
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


毎日新聞は簡単な報道に終始し犯人の国籍、動機などは一切報道せず、朝日新聞は全く報道せず、大手新聞では産経新聞が詳しく報道した。

これが日本人無差別殺傷通り魔事件に対する日本マスコミの態度である。

“産経新聞を除く日本の主要マスコミは、『日本人の生命を守る』よりも『韓国人の利益・名誉を守る』のを優先させた”としか理解できない。

この傾向は今回に限った話しではない。産経新聞を除く日本の主要マスコミは、日常茶飯事的に、“『日本人の生命を守る』よりも『韓国人の利益・名誉を守る』のを優先させている”のだ。

NHKは一応公共放送と名乗っており、テレビ所有者から強制的に視聴料を徴収しているにもかかわらず、『日本人の生命を守る』よりも『韓国人の利益・名誉を守る』のを優先させているのは言語道断だ。

もちろん民間放送の反日報道もけしからん。。。。

15年ぐらい前の話しだが 直木賞作家の野坂昭如さんがテレビの生番組で
「マスコミは在日だらけ!そして特に多いのはテレビ界!!
日本人の方が圧倒的に少数派!・・・と言ったそうだ。


いずれにしても、産経新聞を除く日本の主要マスコミは有力な反日勢力であるのはまちがいない。

日本のマスコミは、在日朝鮮人、部落開放同盟などによって牛耳られている・・・との情報もある。


問題は、NHKを監督する立場の総務省のトップである藤井総務大臣は、平成25年4月12日衆議院予算委員会
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=j71lm8VX72U
で自民党の鬼木議員からの質問に対し、NHKの自浄作用に期待する旨の答弁をしている所だ。

最近の3,4年では全国からNHKの偏向報道に対し恐らく年間数十万件前後の苦情が寄せられているはずだが、NHKの偏向報道は一向に改まる方向に無く、逆に『韓国ヨイショ』への傾斜を強めている。

もはや、NHKには自浄作用がないのは明白であり、残された道はNHK解体・消滅しかない。


現行法の範囲内でいくら総務省がNHKに改革を迫っても、編集権を盾にNHKは反日売国奴報道を改めないだろう。

政治家が現放送法を改正し、反国民的報道に対する罰則強化を謳わない限り、NHKなどの反日マスコミは反日売国奴報道姿勢は変わらないであろう。

NHKは公共放送を名乗っている分だけ始末が悪い。
事は急を要す。


【NHK解体・消滅案1】=テレビ無しの生活=

いっそ、日本国民がテレビ受像機の所有をやめればNHKは1年後には窮地に陥るであろう。
テレビが無い生活であっても、日常生活に特に困ることは無い。

浮いた時間を自己啓発などに充てれば、政治・政治家の良し悪しを自分で判断できる能力が培われるのはまちがいない。


【NHK解体・消滅案2】= NHKが絶対受信できないテレビを使う=NHKのスクランブル化=

放送法第64条(受信契約及び受信料)
1.協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送[10]若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。
2.協会は、あらかじめ、総務大臣の認可を受けた基準によるのでなければ、前項本文の規定により契約を締結した者から徴収する受信料を免除してはならない。
3.協会は、第1項の契約の条項については、あらかじめ、総務大臣の認可を受けなければならない。これを変更しようとするときも、同様とする。

上記1項によれば、NHK放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送[10]若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、受信の契約は不要となり視聴料金【受信料】の支払いは不要となる・・・と解釈できる。。。


スクランブル放送というのがあることを本日知った。
はてなキーワードで調べると、

“料金を支払う契約者だけが受信できるよう、放送事業者側で放送に電波を乱す暗号(スクランブル)をかけて送信する。画像が極端にゆがんだり、モザイクがかかったりした画面になる。有料放送(ペイテレビ)事業者にとっては、「タダ見防止」と視聴者管理を兼ねるのが利点だ。既に、BS(放送衛星)のWOWOWやCS(通信衛星)のスカイパーフェクTVなどが採用している。 視聴するには、暗号を解除するための各社専用の装置(デコーダー)が必要。加入料にデコーダー費用を含めて放送事業者側が配布する場合と、視聴者が電器店などで購入する場合があるが、負担に感じる人が少なくない。加入者増を狙う各社は、デコーダーのメーカーに援助して価格を下げたり無料期間などを設定したりするが、経営を圧迫する一因にもなる。 12月1日に始まるBSデジタル放送では、当面WOWOWとスターチャンネルの2社だけがスクランブル放送を行う。広告放送の民放も将来の有料放送化を視野に入れ、システムだけは採用する。デジタル放送用のテレビやチューナーにはデコーダーが装備されており、ID番号を組み込んだ「B−CASカード」が付いてくる。受信機にカードを差し込んでIDを登録すると、スクランブルが解除されて受信できる仕組みだ。 NHKはスクランブル機能を使い、受信料の未払い者に対して画面左下、9分の1の大きさで受信契約を促す「お願い」を自動表示させる。政府の規制改革委員会はこのほど、「民放だけを見たい」という要望にこたえつつ受信料不払い問題を解消しようと、NHK・BSデジタルをスクランブル化して将来は受信契約ではなく有料放送とするよう求める方針を固めた。”
・・・とあった。

政府にNHK・BSデジタルをスクランブル化の早期実現を請願するのも、反日NHKを消滅させるための有力な方策と考える。


産経ニュース2012.11.9 00:14
http://sankei.jp.msn.com/life/news/121109/trd12110900150000-n1.htm
によると、

“NHKのスクランブル化 「地上波で導入」88%
2012.11.9 00:14 (1/2ページ)[eアンケート] と言う見出しで、

「NHKのスクランブル化」について、6日までに5694人(男性4689人、女性1005人)から回答がありました=表参照。
「NHKの地上波放送はスクランブル化を導入すべきか」では「YES」が88%に達しました。「娯楽番組の多いNHKBS放送は導入すべきか」は「NO」が51%。「NHKの番組を見たいか」は「NO」が69%に上りました。
(1)NHKの地上波放送はスクランブル化を導入すべきか
88%←YES NO→12%
(2)娯楽番組の多いNHKBS放送は導入すべきか
49%←YES NO→51%
(3)NHKの番組を見たいか
31%←YES NO→69%“
・・・とありました。

最近のNHKの反日報道の汚さの実態を知れば、NHKの番組を見たいという31%の人たちも殆どNHKの番組を見たくなくなるだろう!!!


☆ NHKは屁理屈を並べ立てて、スクランブル放送化に反対しています。

“受信料は、NHKが公共放送としての業務を行うために必要な経費を、受信機の設置者に公平に負担していただくという考え方に基づくものです。この受信料を財源とするからこそ、NHKは、国民・視聴者の立場に立って、豊かで公正な放送サービスを継続して提供していくことが可能となると考えています”・・・・・>NHKの屁理屈

ヤマちゃんおやじは上記NHKの屁理屈に対し次のように反論します。

“受信料は、NHKが日本国の公共放送としての業務を行うために必要な経費を、受信機の設置者に公平に負担していただくという考え方に基づくものです。しかし、近年NHKは、特に海老沢元会長引退後、反日外国の勢力(中国、韓国、北朝鮮などの反日諸国)の立場に立って反日放送サービスを鋭意提供することとなりましたので日本の公共放送として日本国民・視聴者の立場に立って、豊かで公正な放送サービスを継続して提供していくことが不可能になりました。つきましては新しいNHK(日本反日協会)としましては、受信料の強制聴取は放送法違反となるので撤回し、スクランブル放送化に移行いたしたくお願い申し上げます”。


【最も有効な対策は国民一人一人の行動力】

参議院選挙を目前に控えたこの時期に、国民一人ひとりが、各政党にNHK・BSデジタルをスクランブル化の早期実現を要請するという手も考えられる!!!

国民が選挙で選んだ国会議員が反日マスコミ退治に注力しない(政治家が反日マスコミを怖れて行動できない)日本の現状は民主主義国家としては極めて残念だ。

今の日本では、”選挙で選ばれた国会議員でさえ反日マスコミからの攻撃を恐れるあまり、反日マスコミ迎合せざるを得ない”と言う末期的状況にある。

換言すれば、”選挙で選ばれた国会議員でも反日マスコミには頭が上がらない”のだ。

この今の日本の状態は民主主義ではない。
この状態は、反日マスコミが政治の実権を事実上握っている”反日マスコミ主主義”だ。
日本の民主主義を蝕んでいる元凶の一つは、反日マスコミなのである。

今やNHKは、朝日新聞と肩を並べる反日マスコミの先頭に躍り出た。

日本の民主主義を蝕んでいる元凶の他の一つは、国民の政治に関する無関心さ=政治の良し悪しを国民が監視・判断し行動する意識・力の不足=だ。

今こそ国民自らが立ち上がり有効な手を打たない限り、害毒を垂れ流すNHK・民放などの反日勢力による反日売国奴報道は今後も大手を振って居座り続けるであろう!!!
あつかましいNHKなどの反日勢力に対しては、NHKへのデモなどはあまり効果的ではない。
相手は礼節をわきまえた日本人ではない!!!
相手は反日の確信犯なのだ!!!


”嘘でも百回言えば真実になる”と信じ込んでいる東アジア外国人(特亜)には、”彼らが音を上げるような対策”で無ければ効果は薄い。。。
posted by ヤマおやじ at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

【米国産牛肉他米国産食品の危険性】

【近況】

5月12日(日)莇ヶ岳旧登山道整備〜笹刈り〜
       笹の切り株除去作業。
多数の虫が顔の周囲を飛び交い、うるさくてしかたなかった。
古い切り株を見て2,3年前に誰かが同じ道の笹刈り作業していたことが判明した。やは          り 物好き はいたのだ!!!
5月13日(月)ウドの味噌漬け、ウドの佃煮作り。ウドの佃煮は結構美味だった。
       ウドの味噌漬けの味は今ひとつ・・・5月17日に食した感想。
5月14日(火)光市親戚(姉の嫁ぎ先)を弟と訪問
5月15日(水)自然水採集、莇ヶ岳旧登山道整備〜笹刈り〜
5月16日(木)萩市庭園巡り(6箇所)
       我が家にはカーナビはない。
       かみさんから 萩観光会館に至る道路を調べて呉れ とたのまれた。
       説明するのが面倒くさいので、運転手を買って出た。 
       さすが旧城下町だけあって、それぞれの庭園には独特の風情があった。萩藩御用商人菊屋家住       宅の庭園はさすが有栖川宮熾仁親王が六泊もされただけあって圧巻だった:
       http://eritokyo.jp/independent/aoyama-col11019.html
       小郡萩道路を通り片道1時間30分。
5月17日(金)常盤公園ボランティア活動
5月18日(土)庭木剪定


【米国産牛肉他米国産食品の危険性】

2013年04月11日の山ちゃん日記にて中国産猛毒食品を記載した。
この情報は。朝日新聞、毎日新聞、読売聞日本経済新聞などの大新聞、NHK、民放などのテレビでは一切報道されなかった。

2012年6月中旬、米厚生省の食品医薬品局FDAは韓国から輸入された貝類の販売禁止措置に踏み切り、店頭からの回収命令を下した。当局の発表によれば、韓国産のカキ、あさり、ムール貝、ホタテ貝が対象品目で、理由は「人の糞尿による水質汚濁でノロウイルス汚染の危険性あり」と判明したからだった。生の貝類はもちろん、缶詰などの加工品も駄目だと云うから汚染の凄まじさが分る。

韓国では下水汚泥、人糞尿を日本海に垂れ流しているので海産物の汚染は当然の結果である。日本にも韓国から輸入された海産品は大量に流通しているはず。しかし日本のマスコミは米国食品医薬品局FDAによる韓国産海産物に販売禁止処置を一切報道しなかった。

ここにも日本の主要マスコミの反日的報道姿勢が明確に読み取れる。日本の主要マスコミの報道方針は、”日本国民の食の安全/命の安全よりも韓国の評判を落とさない方が大切”なのである。

この日本の主要マスコミの反日性は、どこから来るのか????
少なくとも、日本の主要マスコミの反日性は日本を憎む外国人の心情そのものであることは間違いない。

換言すれば、『日本の主要マスコミは、日本/日本人を憎み中国や韓国を愛し好む勢力によって支配されている』ということだ。


日本の厚生省は人糞やノロウイルスに汚染された韓国産海産物を何故販売禁止にしないのか?????これもおかしい!!!!

基準を超えたPM2.5が中国から日本に飛来しても日本政府は何ら中国へ抗議しない。
どうもおかしいのは反日マスコミだけではない!!!
日本政府や政治家の中にも、反日勢力が蟠踞しているとしか思えない!!!


ヤマちゃんおやじは、ブログを始めて6年目になる。

日常不審に感じた事を調べていく内に、1年も経たない間に“、日本のマスコミ報道は、スポーツの結果以外は信頼できない” “日本の主要マスコミは反日勢力の走狗にすぎない”という結論に達した。

その後 日本の主要マスコミの反日姿勢は益々加速している。
反日マスコミ、反日政治家はゴキブリだ。早急に退治せねばならない!!!



<米国産牛肉他米国産食品の危険性>
さて、「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成25年(2013)5月17日(金曜日) 通巻第3943号 (読者の声3)に次のような投書があったので、引用します。

〜〜〜〜引用開始〜〜〜〜
(読者の声3)牛肉についてですが、今週の『週刊新潮』で米国産牛肉他米国産食品の危険性を取り上げています。

本誌は未見ですが、見出しは強烈。
 http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/newest/
TPP交渉に深刻な懸念 中国産に気を取られるあなたの食卓に米国産「危なすぎる食材」とあります。
▼日本人視察者が目を疑った「肉牛」飼育現場は糞尿まみれ▼米国産「牛肉」輸入禁止24年で欧州はホルモン依存症ガンが減少▼カリフォルニア産オレンジに強烈なる「防カビ剤」▼アメリカ名門大学で「養殖サーモンは年に6回まで」のレポート▼日本で認可されていない「食品添加物」2200種類がやってくる▼袋を開けたらカビだらけだった「カリフォルニア米」の有害性▼米通商代表部が「大腸菌付着に問題なし」と冷凍フライドポテト  
 アメリカの食肉生産事情を描いた本を読んでからはアメリカの肉は食べられません。
アメリカの食肉生産は100年以上も前から食肉処理場で出る廃物(内蔵・糞尿etc)を再利用して他の家畜のエサにするというものです。卵を産まなくなった廃鶏やオスのヒヨコ、道路上の轢死動物、不要になったペット、すべてまとめてタンパク質に加工する。

安い肉には安いエサ、牧場で草を喰む牛どころか、廃棄物の寄せ集めのエサで育てられた肉など怖くて食べられません。

さらに女性ホルモン添加のため欧州では米国産牛肉は輸入禁止。それでも加工食品や蛋白加水分解物などに姿を変えて多くの食品に入り込んでいるのでしょう。カンボジアで見たという「よろめき牛(へたり牛)」はアメリカでも数多く報告されていますが、アメリカは食肉マフィアがすごいですからBSEと認定されることはまずありません。自社で日本向け牛肉の全頭検査を行うという申し入れをしたパッカーもありましたが申し入れはアメリカ政府により却下でした。
  (PB生、千葉)
〜〜〜〜引用終わり〜〜〜〜


米国はダブルスタンダードの国だ

糞尿やノロウイルスにまみれた韓国産海産物は米国内で販売禁止にした。
しかし危険な米国産牛肉やポストハーベスト農薬漬けの農産物はそ知らぬ顔で強引に外国で売りまくるのだ。


中国、韓国/朝鮮、欧米は、基本的には唯我独尊(“自分だけが正しいと”思い込んでいる駄々っ子),厚顔破廉恥 の国だ。

日本はこれらの野蛮国家の言にいちいちびくつくこことはせず、彼奴等の論旨の弱点をチクリチクリと反撃しながら国益を重視して確固たる対応に徹すればよい。


中国、韓国によるいわれのない従軍慰安婦非難に、米国議会までが同調している。
中国、韓国のロビー活動に手をこまねいている外務省も反日勢力の巣窟でしかない。
外務省の反日振りは戦前からだ。戦後の外務省はチャイナスクール出身者と創価学会に支配されているとの情報もある。


日本維新の会橋下共同代表の従軍慰安婦発言は世間からひんしゅくをかっている様子だが、まっとうな発言である。性的欲求をトルコで発散するのは、基地周辺に済む素人女性を性犯罪被害者にするよりよっぽど良心的だ。

売春は世界最古の職業といわれる。
某ローマ皇帝の妃は体質的に強くて夫一人では満足できず、夜毎町に出かけ兵士のお相手をしたという逸話もある。女性でも体質的に人一倍お強い方も居られるのだ。そういうお方は老婆になっても商売熱心である。

健康な男性ならば性的欲求があるのは当然である。兵士の性的欲望を発散させる場所は昔には存在した。大金を得るためにここに自ら進んで身を投じた韓国女性もいた。悪徳韓国人によってさらわれたり、借金のかたに売られて来た韓国女性もいた。

しかし、旧日本軍が韓国女性を強制連行し従軍慰安婦にした事実は無い。


そもそも、従軍慰安婦問題を捏造した発端は吉田清治と朝日新聞であった!!!

ヤマちゃん日記2007年10月4日から引用すると、
〜〜〜引用開始〜〜〜
藤岡信勝氏(東大教授)は産経新聞二〇〇七年八月八日付の「正論」欄でこう述べている。

そもそも、慰安婦問題の発端から今日に至るまで、その主役は一貫して朝日新聞であった。
慰安婦問題のすべての出発点は、被害者の訴えでもなければ韓国政府の要求でもなく、 吉田清治という詐話師の書いた『私の戦争犯罪――朝鮮人強制連行』(一九八三年、三一書房刊)という偽書である。昭和十八年に韓国の済州島で慰安婦の奴隷狩りをしたという著者の「証言」を、朝日は何の検証もせず論説委員が手放しでほめそやした。それがまったくのつくり話であったことが暴露されてからも朝日は、この大誤報についてただの一行の訂正記事も読者への謝罪も行っていない。朝日はいつまで、こうした醜悪・卑劣な 「朝日新聞の正義」を貫くつもりなのか。
〜〜〜

 1993年宮沢内閣の官房長官であった河野洋平が、旧日本軍による強制連行の事実が確認されていないにも拘らず、『強制連行があった』とした河野談話を発表したので、あたかも旧日本軍による強制連行があったという誤った認識が国外で一人歩きしはじめた。

 偽りの河野談話の発表後、韓国の盧泰愚大統領が「私達は問題にしておりません。それをお国の新聞が火をつけた。そうなるとわが国もけしからんと言わないわけには行きません」と云った エピソードがある。

参考までに、河野洋平は自民党親中派国会議員のトップに名を連ねる大の親中派政治家だ。
外国からの帰国途中に台北空港に立ち寄った際、飛行機から一歩も外に出ず“台湾の土地を一歩も踏まなかった“とその後中国政府要人に御注進したほどの大馬鹿・売国奴政治家である。


従軍慰安婦問題に関するより詳しい話は2007年10月26日のヤマちゃん日記
http://yamatyan369.seesaa.net/article/62566280.html
を参照されたい。


問題は中国、韓国や朝日新聞などが、“旧日本軍が韓国女性を強制連行し従軍慰安婦にした”と主張しているところにある。


橋下共同代表の発言に関し左翼政党ならいざしらず みんなの党まで中国、韓国、米国の側に立つのは 嘆かわしいの一言に尽きる。


韓国売春婦の世界進出、韓国人による性犯罪多発により、性犯罪王国韓国は世界中で嫌われている。
日本維新の会を除名された西村議員の発言『韓国人売春婦はうようよいる』は事実であり、西村議員の発言のどこが悪いのか???悪いところはない!!!

”事実を語った人を糾弾する社会はもはや狂っている”としかいえない。。。。
”日本は良い国だ”と発言した当時の田母神自衛隊航空参謀長は更迭された。
この時の自民党政権も狂っていた。恐らく反日マスコミによる一斉攻撃を恐れた為だと感じる。


売国奴政党である民主党は選挙で大敗したが、いまだ日本には狂った社会の病根が渦巻いている。。。。
それは反日マスコミが作り出す情報操作だ!!!

ベトナム戦争では韓国軍兵士や軍属の韓国民間人が多くのベトナム人女性を相手にした「レイプ」「非管理売春」「現地妻を持ったこと」などにより多数(5千〜3万人と推定されている)の混血児が生まれたがそれへの補償はされていない。

韓国は、日本に対してありもしない従軍慰安婦に対し謝罪と補償を求める一方で、ベトナムに対しては補償はおろか謝罪すら行わないのはダブルスタンダードそのものだ。

終戦後米軍基地の軍人と日本人女性との間に多数の混血児が生まれたが、その多くは米軍人の本国帰還時に日本に残された。

その韓国と米国がありもしなかった旧日本軍による従軍慰安婦強制連行を非難するのは、ダブルスタンダード&厚顔破廉恥そのものだ!!!
posted by ヤマおやじ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

日夜懲りずに反日報道に邁進するNHKには解散しかない!!!


NHKによる捏造反日報道はやむことも無くあらゆる機会を通じて執拗に実施されており、一々挙げておれば日が暮れてしまうので、最近の反日報道のほんの一例を挙げることにする。


【NHKはニュースセブンで、憲法96条の改正不要をアッピールした】

平成25年5月9日(木)夕方7時のニュースセブンで憲法改正報道において、NHKは参議院選挙での主要争点となる“憲法改正手続きを定める憲法96条の改正”の是非に関し露骨な偏向報道を行った。

憲法を改正するには、日本国憲法第96条第1項において、「各議院の総議員の3分の2以上の賛成で国会がこれを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、その過半数の賛成を必要とする」旨を規定している。

来る参議院選挙に向けて、自民党と日本維新の会は「各議院の総議員の過半数以上で国会が発議できる」ように現憲法96条を改正する方針を示している。みんなの党は、条件付で現憲法96条を改正に賛意を示している。

民主党は、党内の一部に96条の改正に賛意を示す意見があるものの現時点では96条の改正に反対の姿勢をとっている。公明党は、条件付反対の姿勢を示している。

共産党、生活の党と社会民主党は現憲法96条を改正に反対の立場を明確にしている。

端的に言えば、戦力放棄を明言した憲法9条を改正する政党が、憲法96条を改正に賛成し、戦力放棄を明言した憲法9条を死守する政党が、憲法96条を改正に反対している。



問題は、NHKは外国の憲法改正手続きの比較を行った場面である。

NHKは外国の憲法改正手続の例として、各議院の総議員の3分の2以上の賛成で国会がこれを発議する国=米国、韓国など=だけに限定して示した。

しかし実際には、各議院の総議員の3分の2以下でも憲法改正発議が可能な国は以下のごとく沢山あるのだ。


英国では上下院の総議員の過半数で改正できる。
フランスでは上下院の総議員の過半数で改正が可決され、両院合同会議で3/5以上の賛成、または国民投票の過半数の賛成で成立する。

オーストラリアでは、連邦議会両院の過半数で改正を可決後各州集選挙の過半数で成立する。

オーストリアでは、連邦議会の1/3の要求がある場合連邦議会の過半数の賛成があれば国民投票が行われる。

スイスにいたっては、国民の10万人以上の改正要求があれば国民投票が行われる。

しかしNHKは、各議院の総議員の3分の2以下でも憲法改正発議が可能な国については一言も報道しなかった

『世界の趨勢では、各議院の総議員の3分の2以上の賛成で国会が発議する現憲法96条が主流であり現憲法96条を改正する必要性はない』との印象を視聴者に与える得る解説をNHKは敢えて2回も挿入した。

NHKが本来の公共放送であるのであれば、上記NHKのニュース解説には、両院総数の過半数で改正が発議できる国の例を挙げ、平等を期すべきであった。

換言すれば NHKは、『憲法96条改正に反対する政治勢力側(共産党、生活の党、社会民主党、公明党)に立脚し応援する報道のみを行い、憲法96条改正に賛成する政治勢力(自民党、日本維新の会、みんなの党)に立脚した報道を怠り忌避した』ことになる。


ちなみに、「外国人参政権法案」の政党別国会提出回数は、公明党 27回、民主党 15回、共産党 11回、自民党 0回。

外国人参政権にもっとも積極的に賛成なのが公明党(創価学会)であり、民主党は韓国民潭からの要請を受けて提出し、社民党・共産党も賛成(共産党は被選挙権も要求)しています。
自民党、国民新党、みんなの党、たちあがれ日本(日本維新の会へ合流)は外国人参政権に反対しました。

憲法改正に反対する政党は、外国人参政権に賛成しています。
憲法改正に賛成する政党は、外国人参政権に反対していますね。

終戦後本格的・継続的に行われた愚民化政策によって完全に平和ボケした日本国民が尖閣列島や竹島問題でようやく安全保障問題に目覚め、戦力保持を禁じた憲法9条を改正し国防意識を持ち始めると困るのは誰か??? 

憲法9条を改正されて一番困るのは、尖閣諸島・沖縄だけでなく日本全土を支配下に置きたい野望に燃えている支邦と支邦の手先である韓国と北朝鮮です。

憲法改正に必死に反対する政党=公明党、民主党、生活の党、共産党、民主社会党など=は、尖閣諸島・沖縄だけでなく日本全土をも支配下に置きたい野望に燃えている支邦と支邦の手先である韓国と北朝鮮の意向を代弁している構図になります。

外国人に参政権を与えると、支邦と支邦の手先である韓国と北朝鮮は軍事力を行使することなく平和裏に合法的に日本を支配下に置く(支邦は日本を開放すると美化しますが)をことができます。

憲法改正反対と外国人参政権賛成はコインの表と裏の関係です。
反日マスコミは子飼いの有名知識人を総動員させて、嘘で塗り固めた詭弁を弄し憲法改正反対運動を強力に進めはじめました。



近い将来実施される予定の国政選挙に関するニュース報道において、特定の政党/政見に加担したニュース解説を挿入するのは、報道機関として非常識極まりない蛮行です!!!

ましてNHKは公共放送を謳っているのだからなおさらこの蛮行を許せないのである。

このNHKの偏向報道行為は政治的公平・論点の多角的明確化を定めた放送法第3条に明確に違反している



【NHKが衆議院予算委員会の中継動画を削除】

NHKが削除した国会中継動画は、平成25年3月8日衆議院予算委員会にて日本維新の会の中山成彬議員が行った@日本が朝鮮を併合統治したことによる韓国のインフラ・生活環境の飛躍的な向上に関する具体的史実の提示および説明
A慰安婦の日本軍による強制連行は捏造だった可能性を示す具体的資料を提示説明した
国会中継動画だった。

同じ平成25年3月8日衆議院予算委員会にて辻元 清美が取り上げた根拠に欠ける従軍慰安婦非難のユーチューブ動画はNHKは削除していないのは奇怪そのものであり、平成25年3月27日参議院総務委員会 でみどりの風・亀井亜紀子氏がこのNHKの奇怪な中山成彬議員の国会中継動画削除行為を糺した。

ちなみに辻元清美の内縁の夫である北川明は、昭和50年スウェーデンから強制送還され旅券法違反で逮捕された 日本赤軍のヨーロッパ担当兵。北川明は、西ドイツの日本人商社員誘拐・身代金奪取作戦に参加予定だったのが未遂に終わり、 公安調査庁がずっと動向を調査してきた要注意危険人物。

NHKは辻元清美(社会民主党から民主党へ移籍)の従軍慰安婦のユーチューブ動画は削除ぜず、日本維新の会の中山成彬議員の従軍慰安婦ユーチューブ動画は削除したのだ!!!

ここでもNHKは馬脚を現し反日左翼の牙城であることを自ら実証した。

NHKが削除したこの国会中継動画は、中山成彬議員側が公開に踏み切った。また中山成彬議員のブログには質疑で使われたパネルをPDFにして公開しており、そちらも閲覧可能となっている。

2013年3月8日衆議院予算委員会での質疑動画は中山なりあきオフィシャルブログ
http://nakayamanariaki.cocolog-nifty.com/
3月13日から閲覧できます。
是非とも閲覧をお勧めします!!!!


3月8日衆議院 予算委員会で中山成彬議員が使用したパネル(pdfファイル)
1.日本の統治によって飛躍的に近代化した朝鮮の社会インフラ
http://nakayamanariaki.com/pdf/01panel.pdf
2.創氏改名
http://nakayamanariaki.com/pdf/02panel.pdf
3-A.慰安婦関連
http://nakayamanariaki.com/pdf/03a_panel.pdf
3-B.慰安婦関連
http://nakayamanariaki.com/pdf/03b_panel.pdf
4.尖閣・靖国神社
http://nakayamanariaki.com/pdf/04panel.pdf


反日マスコミ、支邦、韓国は口をそろえて、『日本は韓国を侵略した』と大合唱している。
反日マスコミNHKもことあるごとに『日本は韓国を侵略した』と馬鹿の一つ覚えのごとく唱えている。

平成25年2月下旬のNHKニュースナインで ××あさひ という女性アナが『日本は韓国を植民地支配した』と繰り返し2回も報道したので、ヤマちゃんおやじはNHKに抗議の電子メールを送ったが現時点で未回答である。

〜〜〜抗議メール引用開始〜〜〜〜
本年2月下旬のNHKニュースナインで『日本は韓国を植民地支配した』と報道したがこれは史実に反する。 史実は『日本は韓国から要請されて韓国を併合した』のである。併合とは他国民を自国民と同様に遇することであり、植民地支配とは根本的に異なるのは正常な報道機関なれば常識だ。 またNHK教育テレビでも高校生向け教育放送において韓国の歴史に関し史実に反する同様な報道をおこなった。 韓国、在日および日本の左翼政党は、”日本は韓国を植民地支配した”と主張しており、NHKの上記報道は韓国、在日および日本の左翼政党と同一だ。 このような韓国、在日および日本の左翼政党と同一報道を史実に反し繰り返し行うNHKは日本の公共放送ではないことを証明している。 さらに不偏不党に反し放送法違反だ。この状態ではNHKは視聴料を取る資格はなく、民間放送として再出発すべきだ。 報道責任者の回答を求める。
〜〜〜抗議メール引用おわり〜〜〜〜

慰安婦とは巷間でいう従軍慰安婦問題のことであり、「旧日本軍が韓国女性を従軍慰安婦として強制連行した」として朝日新聞が捏造し、社会民主党党首の福島みずほが韓国まで出向き“裁判費用は掛からないから(補償金・・・)”と甘言を弄し勧誘・募集し事前に演技指導した韓国婦人(後に偽者慰安婦と判明した)をNHKに出演させて嘘の証言をさせて国際問題までに発展させた“でっち上げ事件”。
支邦、韓国、国内反日勢力が従軍慰安婦問題として世界に向けて大々的に宣伝している。

衆議院予算委員会での中山成彬議員の主張は、「過去に起きた慰安婦問題はなかったのでは? 慰安婦の強制連行はなかったのではないか」というもの。それを証明する資料を提示し次のように語った。

「『慰安所 軍関与示す資料(朝日新聞)』と書いてます。しかしこの資料をよく見てみると実はそうじゃないんですね。“悪徳業者が募集に関与しているようなので注意するように”という通達なんですね。全く逆なんです」

と朝日新聞が歪曲(わいきょく)報道したことを指摘。世界中に慰安婦像が建てられ20万人を性奴隷にしたという看板が掲げられている。しかしこの資料の通りであれば慰安婦問題は捏造ということになる。

中山成彬議員は「20万人も連れ去られて親は黙っていたのか? 日本の兵隊さんは厳しい世界から称賛された軍隊だった。根底にあったものは武士道だった。それなのにこんなことで先祖が侮辱されていることは看過しがたい」としている。

中山成彬議員が引用した資料には「朝鮮半島の議員、役人、警察は8割が朝鮮人」だったという 写真付きの証拠があった。今迄大嘘のでっち上げ報道に邁進してきたNHKにとっては暴露された史実資料の存在が極めて怖かったのでは・・・と言う指摘もあった。


また、
支邦、韓国、朝日新聞、毎日新聞、NHK、TBS、日教組などの反日勢力が常套句として多用し日本の高校歴史教科書に強制的に記述させている“朝鮮人に対する創氏改名強制”に関しても、中山成彬議員は証拠を挙げて朝鮮総督府からの強制が無かったことを明らかにした。


【NHKは韓国人の犯行を日本人の犯行のごとく報道する】

あの大反日テレビのテレビ朝日でさえ強姦した韓国人犯人を通名ではなく本名で放送していたが、NHKは通名表記だけだった。朝日新聞、毎日新聞も通名表記だけ。

NHKニュース03月27日12時07分:
“女性を乱暴 会社員逮捕”
東京・立川市の住宅に侵入し、女性に乱暴したうえ現金を奪ったとして29歳の会社員が逮捕されました。
警視庁は女性が被害にあったほかの6件の事件にも関わった疑いがあるとみて捜査しています。
逮捕されたのは千葉県市原市の会社員、金岡隆史容疑者(29)です。
警視庁の調べによりますと、金岡容疑者は去年6月、立川市の住宅に侵入し、寝ていた30代の女性に包丁を突きつけて脅して乱暴したうえ、現金およそ3000円を奪った疑いが持たれています。
警視庁によりますと、現場で採取されたDNAの型が金岡容疑者のものと一致したということで、調べに対し「酔っていて細かいことは思い出せないが自分がやったことに間違いない」などと容疑を大筋で認めているということです。
警視庁によりますと、立川市や江戸川区などでは女性が乱暴されるなどの事件がほかにも6件起きていて、一部の現場に残されたDNAの型が金岡容疑者と一致しているほか、年齢や体格といった特徴が似ているということです。
警視庁はこれらの事件にも関わった疑いがあるとみて捜査しています。


日テレNEWS2013年3月27日 13:47:
“女性宅に侵入し暴行、現金奪う 韓国人逮捕”
東京・立川市で去年、女性の自宅に侵入して刃物で脅して暴行した上、現金を奪ったとして、警視庁は、韓国籍の会社員・金用将容疑者(29)を強盗強姦の疑いで逮捕した。

 警視庁によると、金容疑者は去年6月28日午前3時頃、立川市の30歳代の女性の自宅に侵入し、包丁で脅して暴行を加えた上、現金3000円を奪った疑いが持たれている。金容疑者は容疑を認めているという。

 同じ手口の事件が、去年7月までに立川市などで2件、去年9月から東京・江戸川区で4件起きたことから、立川市から江戸川区に引っ越した人物を調べたところ、金容疑者が浮上したという。金容疑者のものと一致するDNA型や指紋などが見つかった現場が複数あるということで、警視庁は余罪についても追及する方針。


TBS(抜粋):
東京・立川市で、30代の女性に性的暴行を加えたうえ、現金を奪ったとして、韓国籍の男が警視庁に逮捕されました。
強盗強姦の疑いで逮捕されたのは韓国籍の建設会社社員キム・ヨンジャン容疑者(29)で、去年6月、立川市内で30代の女性の自宅に押し入り、包丁を突きつけて性的暴行を加えたうえ、現金およそ3000円を奪った疑いが持たれています。

※ NHKニュースでは、韓国人犯人であっても日本人としか思われない通名で報道する!!!!まるでKHK(韓国放送協会)だ。。。。

韓国大好きマスコミとしてはTBSが有名ですが、いまやNHKがTBSを超えました!!!


【嵌められた?NHKの良識派 森本健成アナ】

NHKの森本健成アナが痴漢容疑で逮捕されたニュースを聞いた途端???と感じた。それまで森本健成アナはNHKでは数少ない良識派アナだと直感していたからだ…嵌められたのではないか???。

森本健成アナは通名報道に反対していた〜という情報を最近得て納得した。「森本健成アナはNHK内ではまともだったから消された」との噂もある。

被害者とされる女性が森本健成アナの手首をつかんで“痴漢です”と騒ぎたてたので痴漢として逮捕されたが、森本健成アナは”身に覚えがないとして痴漢行為を否認している”。当時は真冬で女性は厚着をしでいるので女性の胸元に手を差し込むには普通では相当無理がある。この事件が発生したのは森本健成アナの帰宅方向とは逆方向に向かう列車であったのも奇異である。

森本健成アナが酒を飲んだ時 薬を盛られ意識朦朧にされた後、痴漢に仕立て上げられた可能性を否定できない。〜中川元財務大臣が反日記者達と酒を飲んだ後薬を盛られて意識朦朧にされたように〜


【今のNHKは、在日などの反日勢力が牛耳っている=反日編集権=】

ここで、何故NHKは中山成彬議員の国会中継録画だけを削除したのか????
何故 反日政治家 辻本清美の国会中継録画は削除しなかったのか????

今のNHKは、反日勢力が牛耳っているからだ。
相当前から 在日採用枠で 毎年一定数の在日朝鮮人の新入社員が入社し、累進して出世し幹部になった。
日本のマスコミには、朝鮮学校出身者が異常に多いと言う情報もある。

これだけ韓国、北朝鮮、支に荷入れ込み反日に徹するのは、普通の日本人にはできない芸当だ。。。

NHKは否定しているが、中山成彬議員の国会中継録画を削除したのは在日管理職だと言う情報もある。在日云々の真偽の程は別にして、これらの一連のNHKの反日売国奴的報道姿勢=NHKの編集権=は少なくとも、DNA的にも霊的にも日本人のものではない!!!

NHKには内部に22の共産党支部があり、昭和63年の調査では東京都下だけでも
98名 以上のキャスター、アナウンサー、ディレクター等が共産党員であることが確認されている。

この共産党員数は、テレビ朝日やTBSと並んでテレビ業界の上位3位に入るものである。
つまりNHKが反日左翼史観プロパガンダ番組を放送し続けるのも、共産党の指示に沿っての ことなのだ。

自由主義国で公共放送を共産主義勢力に支配されているのは、日本と韓国、 この2カ国だけである。



【異様に高いNHKの給与水準】
反日マスコミNHK会長の年棒は3192万円であり、総理大臣の2727万円よりも400万円以上も高額。平成24年度のNHK職員の平均年収は1185万円。NHK職員は30歳半ばで年収1000万円を超えると言う内部告発もある。
さらに、

【社会保険料自己負担率の不公平】

一般企業では、企業(売上や利益から支払い)と、個人の拠出(給与等から天引)とで折半が普通ですが、 NHKの場合、〘企業負担62%(財源は受信料!) : 個人の給与からの拠出率38%〙という突出した優遇ぶり。当然、公務員よりはるかに個人負担率は低く設定されています。この突出した企業負担金は視聴者から強制徴収した受信料から支払われるのです。・・・・優遇のうえに更に優遇。最近国会で異常さを指摘されて数年後をめどに50%に引きあげることになったが・・・・時間がかかりすぎる。。。


【NHKが日本海と東海を併記した地図をウェブページに使用】

東海は、韓国が日本海の名称に異議を唱えて持ち出した呼称である。「東海」は、1992年の第6回国連地名標準化会議で韓国が初めて持ち出した呼称だ。突然韓国が「東海」の単独表記か日本海と併記すべきと主張した。

日本政府はこれを「根拠のない異議」とはねつけ、日本海が「国際的に確立した唯一の呼称」との立場を一貫して守っている。2012年に開かれた国際水路機関(IHO)総会でも韓国は、IHOが刊行する標準海図集で「東海」の記載を主張したものの、結論が先送りされたため国際的に日本海の単独表記が決まっている

NHKは何に血迷ったのか、韓国だけが主張するも国際的には認知されていない「東海」を「日本海」と併記した地図をわざわざ掲載して韓国政府の主張に率先して従ったことになる。

NHKは、日本政府の主張に従わず、韓国政府の主張に率先して従ったのだ。

このNHKの行為も極めて反日的な行為以外のの何者でもない!!!


【NHKは解散させるしかない!!!】
問題は反日マスコミNHKが支邦、韓国、北朝鮮、左翼勢力などの反日勢力側に立脚した反日報道をバリバリ行いながらおこがましくも日本の公共放送局を名乗って日本国民から強制的に視聴料を徴収する所である。

この厚かましさ、ずうずうしさは、やはり支邦、韓国、北朝鮮、左翼勢力の本来のものだ。


BBCなどの海外の公共放送は、自国や自国民のためになる報道を行うので本来の公共放送であり、強制的に視聴料を徴収する権利を有する。

しかし反日マスコミNHKは、日本と対立する支邦、韓国、北朝鮮、左翼勢力のためになる報道に血道をあげ、日本の国益と日本人のためになる報道は忌避しているので、もはやNHKは日本の公共放送ではない。

日本のためにならない報道姿勢を貫くNHKは、もはや日本の公共放送ではないので視聴料を強制的に徴収する権利はNHKには無い。視聴料の強制徴収は違法だ。。。。

今のNHKは支邦、韓国、北朝鮮、反日左翼勢力のための宣伝放送局になり下がっている。

そのくせ、日本人から視聴料を強制的に巻き上げ高給を食んでいる。

反日マスコミNHKこそ、泥棒・詐欺集団であり、日本の害虫だ!!!!

いま日本からNHKが消滅しても、日本がなんら困ることはない。

むしろ反日マスコミNHKという害虫がいなくなる分、日本にとって大きな朗報となる。

反日マスコミNHKの放送法違反の実例を積み上げ、全国的に圧倒的多数の署名を集めNHK解散を総務省またはまともな政党に訴えましょう!!!

放送法違反の実例を積み上げNHKが日本の公共放送でない実態を証拠とすれば、法廷闘争でも負けることは無いでしょう。

本に反日一色のNHKはいらない。
できるだけ早く反日マスコミNHKを解散に追い込みましょう!!!!
posted by ヤマおやじ at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

自ら整備した道を通り新緑の莇ヶ岳、弟見山へ


5月3日の朝は小雨がぱらついたが7時過ぎからは太陽が顔を出したので、一旦諦めていた莇ヶ岳、弟見山へ行くことにした。

登山ルートは当然のことながら、先日自ら整備した林道屋敷線から莇ヶ岳〜弟見山縦走路920mピークに至るルート=荒廃した旧道の笹・立ち木を刈り払った=を少しでも踏み固めるのが第一の狙いであった。

2つ目の狙いは、できれば弟見山山頂近辺に咲くカタクリの花を拝めれば良い と言う思いもあった。

5月2日たまたま閲覧したインターネット登山記録に「今年4月14日頃で弟見山のカタクリの花が満開であった」と言う記事をみたので時期が遅くなりすぎた予感があった。

7時50分頃出発し、途中でガソリン補給と弁当を購入し山口宇部道路、国道9号、国道489号、国道315号を乗り継いで9時25分頃河内峠近辺の駐車スペースに到着し、9時30分ごろ歩き始めた。

9時45分頃国道315号から分岐して林道屋敷線に入り約700m進んだ所で右折し作業道へ入った。
細い流れに沿った作業道には多くの草花が芽を吹き、その中には多数の棘のある茨に混じって独活も生えていたので帰路での採取の楽しみが増えた。10時10分ごろ作業道終点(標高660m)着。

先日取り付けた赤テープに従い斜面を登るも、赤テープ数が不足していることに気が付き帰りに追加することとした。急斜面を登り10時22分頃鞍部(標高698m)着。

ここから尾根道伝いの旧道が始まる。整備したとは言え、まだまだやるべきことが多い道には急傾斜が比較的少ない分 意外と時間がかかり11時25分頃莇ヶ岳〜弟見山縦走路920mピークに到着した。林道屋敷線分岐から1時間40分かかったことになる。
DSCF7080.JPG <莇ヶ岳〜弟見山縦走路920mピーク>

ここから縦走路を南東へ向かい、山頂付近の避難小屋前で莇ヶ岳愛好会(仮称)のおじさんと出会い挨拶も交わし、11時40分頃年配の夫婦がいた莇ヶ岳に到着した。

広島から来たという年配の夫婦が周囲の山名についていろいろ聞いてきたので、有名な山10座程度を指さし一通り教えた。また弟見山への状況を聞かれたので、ここから往復3時間要し、その間標高差100m前後のアップダウンが2箇所あるので莇ヶ岳に登った後ではかなりきつい・・・と伝えた。

昼食のムスビを食べていると、弟見山は諦めたので今度はどのコースで下山すれば良いか?聞かれたので、どのコースもそれぞれ特徴があるが、島根県境の尾根道のぶなを見ながら下山するコースをお奨めした。

莇ヶ岳愛好会(仮称)のおじさんが出てきたので、“自分が整備した旧道を通って登ってきた”と話すと、林道屋敷線から縦走路への新設ルートの話し等でかなり盛り上がった。

彼に弟見山のカタクリの開花状況を聞いてみた所、“盛りは過ぎているがひょっとすると山頂または山頂から仏峠への登山道では遅れて咲いているかもしれない”とのことだった。

12時5分頃莇ヶ岳を出発し弟見山へ向かった。50歳代と思しき夫婦連れと60歳前後と思しき二人連れ男性とであった。やはり986mピークへの標高差90mの急登り、次の鞍部から展望所までの標高差150mの急登りは堪える。

満開時ではこの辺り一面にカタクリの花が咲き乱れる弟見山展望所直前のアプローチでは、残念ながらカタクリの花は終わっていた。

13時15分頃弟見山展望所着。高級一眼レフカメラをぶら下げたかなり年配の男性がいたので挨拶すると、“今年はカタクリの花が少ない年だったのかな〜”と答えいかにも残念な表情であった。当方が 今年は4月中旬が満開であり相当咲いていたと言う登山記録を見た     
ことを話した。

13時20分頃、20歳台と思しき若い女性と40歳代と思しき男性がしきりに写真を取っている弟見山山頂に着いた。

以前よりも笹や立ち木が刈り取られ明るい日差しがあふれていた平坦な山頂にはまだ遅咲きのカタクリの花があちこちに咲いていた。確か一昨年までは、山頂は笹と雑木で覆われ薄暗かったのだが・・・・・有難い、喜ばしい !!!

DSCF7091.JPG <遅咲きのカタクリの花>

久しぶりに仏峠方面へ500mばかり下って見たが、カタクリの花は余り咲いていなかった。
再び展望所の帰りながら、弟見山山頂付近の400〜500mは満開時ならばこの近辺でのカタクリの花の名所になるのではないか・・・と一瞬思った。

弟見山にはじめて登ったのは10年前で以降20回は登ってきたが2008年まではカタクリの花の群生を見た記憶はない。それが今ではこの近辺でのカタクリの花の名所になるほどまでになった。

無から有は生じない!!!なぜか????

聞くところによれば、莇ヶ岳愛好会(仮称)のメンバーの方達が、カタクリの花が沢山咲くように計画的に山頂付近の登山道周辺の笹と立ち木を刈り払われた・・・ということであった・・・・彼らの行為に感謝せずにはいられない!!!

13時50分頃弟見山を出発し、意外と苦しいアップダウンを繰り返し14時35分頃952mピークに着いた。当初は、ここに「林道屋敷線方面」と書いた案内板を木に括り付ける予定にしていたが、突起した多数の笹の切り株や道に生えた立ち木が残っているので、案内板に設置は取りやめた。

その代わり、今回下山するに当たり、通行の邪魔になる立ち木は極力切り倒しながら下り結局170本の雑木と枯れ木を鋸で切断した。その作業のために鞍部到着は大幅に遅れ16時25分になった。170本の雑木切断作業が無ければ952mピークから鞍部まで20分程度で下ったものと推測する。

その後、不足する赤テープを3箇所追加して貼り付け、ウドを6本採取して16時45分頃駐車場所に着いた。帰路は9号線のゴールデンウイーク混雑を仮定して、徳地・防府経由で帰ったので100km近く走った。

旧道整備後の開通式は無事終わった。しかし、まだやるべきことがある事もわかった。
出来れば、笹の切り株を再度刈り払い歩行の邪魔にならないようにしたいものだ。

それが終わったら晴れて 案内板を取り付けよう!!!!

5月4日に、ウドの酢味噌和え、ウドの佃煮とウドのキンピラをかみさんのアドバイスを受けながら作った。

余り期待していなかったが、ウドの酢味噌和えと佃煮は結構いけたが、ウドのキンピラは作り手のミスでいまいちだった。

もろもろに 感謝、感謝、感謝。。。。。。
posted by ヤマおやじ at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする